ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

off the top of my head / 思いつきで

意外ともう既に紹介したつもりでも紹介してなかった表現結構ありますね。そんな中の一つがこのoff the top of my head。頭のテッペンからすぐ出てきたって感じで、熟考はしてないアイデアなんかを言う時の前置きとして使われます。質問されて回答する時に付ければ、深く考えたわけでないから真剣に取らないでというニュアンス。それでは、どんなアイデアがoff the top of my headで出てきたのか、ドラマのセリフで見てみましょう。ちなみに辞書にはoff the top of one's headと一般化して記述してあると思いますが、ここでは自分が言う前提に限定します。その方が非常によく使われるので(97%)。一応"Off the top of your head?"と疑問文にすれば”あなたの思いつき?”と尋ねられますが、それは応用なので、まず自分の思いつきを言えるようにするのが先決。

The Big Bang Theory

スチュアートの店でゲーム・オブ・スローンズのレプリカの剣を見つめるシェルドンとレナード。剣コレクションを始めるべきと思っていたと言うシェルドンに、どんな剣からコレクションを始めるべきか聞くレナード。すぐ思いついたのはエクスカリバーでした。何故なら、イングランドを征服できるから(笑) でも売ってるのはレプリカのエクスカリバーだよとレナードが茶々を入れると、「Fair enough.」と譲歩してから、「それならレプリカのイングランドを征服できる」とはシェルドン。

レナード: "What did you have in mind?"

シェルドン: "Well, off the top of my head, I'd have to go with Excalibur. It gives you the right to rule England."

レナード: "It would be a replica of a movie prop."

シェルドン: "Fair enough. It would give you the right to rule a replica of England."

The Big Bang Theory/Season 5/Episode 5

Friends

チャンドラーの女友達が映画会社の配役担当と知ったジョーイは、自分が映画のオーディション受けれるようチャンドラーにお願いします。不承不承承知し、その女性と外食に出かけるチャンドラー。女性からあなたとは恋愛関係になれないと言われ傷つく振りをするチャンドラーは、埋め合わせで何かしてあげると言質を取ります。off the top of my headと言ってから、知り合いの俳優をオーディションしてくれるよう頼みます。事前に計画していたのにoff the top of my headですから、やはりoff the top of my headには今偶然思い付いたってニュアンスがありますね。

チャンドラー女友達: "I wish I could do something to make you feel better."

チャンドラー: "No.. Really?"

女友達: "Of course."

チャンドラー: "Well, it just hurts so bad, I..."

女友達: "Oh, I'm sorry."

チャンドラー: "Maybe there is one thing you can do."

女友達: "What? Anything. Anything."

チャンドラー: "Well, I mean, this is just off the top of my head now. But I have this friend.. This actor friend. He would kill me if he knew that I was doing this. But... would it be possible for him to audition for your movie on Thursday?"

女友達: "Absolutely."

Friends/Season 6/Episode 18

How I Met Your Mother

パーティー会場で明らかにかつらの人にかつらのことを聞くテッド。その人が被っているかつらを描写して、そんなかつらを見たことあるか聞いてるんですから肝っ玉太過ぎでしょ。not off the top of my ...と言いかけるおじさん。この否定が付いたnot off the top of my headは、思いつきではないと言う意味。つまり、ちょっと考えてみたということ。「見たこと無いよ、ちょっと考えてみたけれ・・・」。では、何故ここで言いかけているんでしょうか? はい、off the top of my headと言うと自分のかつらに繋がってしまうからですね。つまり、この脚本自体off the top of my headとかつらを掛けたダジャレなのでした。ちなみに、toupeeはカパって被る典型的ヅラのことですね。カタカナだとトゥーペイだから英語じゃないですね。コメディでヅラネタやるときに出てくるボキャブラリーです。

テッド: "You can't think of any place in the general area where there might be a toupee of the kind I'm describing to you?"

おっさん: "No, not off the top of my... No. Can't."

How I Met Your Mother/Season 2/Episode 21

まとめ

皆さんも思いつきで何か言う時に使ってみてはいかがでしょうか? スピーキング試験なんかの時の質問に回答する前にピッタシな表現off the top of my headでした。今回は例が全部シットコムでした。なんかこう書くとshitcomと感じるように最近なりました。この気持ち分かる人いるかな(笑)

I mean it. / 本気(マジ)だから。

meanって学校では「意味する」と習った記憶がありますが、残念ながらドラマではその”意味”で使われることは少ないです。それよりも「意地悪な」の方が多いくらい。いや、それよりも表題の「本気で言ってる」の方が更に多いはずです(It means a lot to me.という「重要である」というのも同じくらい出てきますが、それはまた別の話)。ここでは、itは直前に口にした内容を指します。例えば、今年富士山に登ると言って友達が茶化したとします、「馬鹿な」「できるわけないよ」。そこですかさずI mean it.です、「それ本気だから」。決意が感じられる表現ですね。ということで実際ドラマでどう使われているのかを見ていきます。

The Big Bang Theory

スチュワートと仲直りするため彼を食事に招いたシェイミーことシェルドンとエイミーのカップル。仲直りしてほろ酔い加減のシェルドンは、スチュワートの良い所を語り出します。それは意外や意外、手書き文字でした。気付いてくれてありがとうとサラッと受け流すスチュワートですが、シェルドンは「違う、本当なんだって」とI mean it.で言い、続けて「君はテプラの魂を持ってるようだ」とよく分からない褒め方をします。ここでimpeccableは完璧という意味。こんな感じでこのmeanは使われます。皆さんも本気で言ったのに軽く流されたときのことを想像してみて下さい。思わず、「マジだから」と言いたくなりますよね。その気持ちがこの「I mean it.」にはあります。

Do you know what else I love about you? Hmm? Y-Your handwriting is impeccable! Thank you for noticing! No, I mean it. I mean it. It's like you have the soul of a label maker.

The Big Bang Theory/Season 10/Episode 6

Breaking Bad

これは有名なピザ屋根回のその後のシーン。夫ウォルターの不審な行動の数々に堪忍袋の尾が切れた妻スカイラーは、ウォルターを家から追い出します。スカイラーの留守中に家に侵入するウォルター。帰ってきたスカイラーは激おこです。「警察呼ぶわよ」と言ってから「全部話すから、I maen it.」と本気で暴露するつもりです。

スカイラー: "You don't live here anymore. We're getting a divorce."

ウォルター: "I don't agree to a divorce."

スカイラー: "Well, it's not up to you. If you don't get out of here right now, I'm gonna call the police and I'm going to tell them everything. I mean it, Walt."

Breaking Bad/Season 3/Episode 3

This Is Us

ランダルの知能指数が高いことから別の学校へ行かせようとする妻レベッカ。夫のジャックはその学校のお金がかかりそうな様子を見て、ちょっとたじろぎます。レベッカにどうしたのか聞かれたジャックは正直に、自分の会社を起こそうとしていて今はいい時期でないことを打ち明けます。これに喜ぶレベッカ。「あなたに不幸せにはなって欲しくない」と言い、「I mean it.」と本気で言ってると言います。

レベッカ: "We'll figure it out... we'll send Randall to another school, we'll get him a tutor, we'll do whatever we have to do."

ジャック: "All right."

レベッカ: "I just don't want you to be unhappy. I mean it."

This Is Us/Season 1/Episode 6

まとめ

I mean it.は自分の言ったことが嘘偽りのない本心で言ってることを伝える表現でした。This Is Usのレベッカのように、自分の主張を述べてから最後にI mean it.のパターンもあるし、The Big Bang Theoryのシェルドンのように、相手の受け取り方を見てI mean it.というパターンもあります。いずれにせよ、裏には強い意思が感じられます。まさしく、本気と書いてマジと読ませたい感じ。

ところで、冒頭にmeanが使われるパターンの頻度についてちょっと述べましたが、一番多いパターンを忘れていました。「I mean...」の「つまり・・・」です。これは当たり前すぎて逆に盲点でした。