読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマの中の英語

英語話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

British Council:Magazine

British CouncilはIELTSとかで小金稼いでいるのかと思ったら、siteに良質な記事や教育マテリアルがあって意外だったという話。 Magazineというセクションに音声つきの記事が大量にある。内容は5分くらいで、スクリプト付き、PDF付き、Glossaryもあるね。site底部にみんなコメントでディスカッションしてるのも見れる。音声の質がなぜ悪いのかわからないが、そこにさえ目を瞑ればなかなかいい教材だ。 A beachという一番最初の記事は聞いた感じだと簡単に感じる。British Englishに慣れてれば。 最近、British Englishを聞くとGame of Thronesを思い出すなあ

learnenglish.britishcouncil.org

english7levels.com

こんな英語勉強サイト見つけた。有名な物語を音読してレベル別に公開してくれている。ペンギンリーダーズを音読してくれている、といえば一番分かりやすいか。字幕もあって勉強になる。長さは数十分から2時間のものまで。レベル分けはナレーションのスピードと語彙でやっているのかな? 簡単なのはBGMで眠くなる。不思議だ。

elementary levelでも侮るなかれ。仮定法とかバンバン出てくるからね。あの時◯◯しておけば、なんて物語では当たり前の表現なんだけれど、何故か文法では難しいとされてしまっている。不思議だ。

どうやってマネタイズしている(する予定な)のかも不思議だ。

http://english7levels.com/

TED-Edが英語勉強になかなか良い

英語の勉強にTEDEdが面白い。短いし、五分位。たまに音声が機械なことがあるのはNGだけど字幕も揃ってるし、自分の興味あるのをみるだけでも勉強になる。英語が簡単なのでできれば字幕無しで見たいよね。TEDといえば、Idea worth spreadのTED Talkが有名で、英語の勉強になるという事になっているけれど、あっちは結構内容的に敷居高いし、日本語字幕で見てても勉強にならないくらいならこっちのほうが断然良いと思う。僕が子供だったら(仮定法)この教材で英語もろとも勉強したいね

www.youtube.com

100 Women 2016: Kokoro - the cancer blog gripping Japan

Article

BBC100人の女性シリーズに我らが日本から小林麻央さん。闘病ブログが多くの人に元気を与えていると。と同時に彼女も元気をもらっているとのこと。最初は病気のこと隠していたんですね。Kokoroとはblogのタイトルでした。英語にするとheartかな、でももっと深い意味が日本語ではありますよね。

www.bbc.com

今回の単語

palliative 苦痛緩和、一時しのぎの
claw 〜を裂く

100 Women 2016: Designing clothes for people with Down's syndrome

Article

BBCが100人の女性特集をやっているのでその中から紹介。 イサベラはダウン症の女の子。デザイン学校にも拒否されたけど母親協力の下独学でデザインの世界で有名に。ダウン症の人は既製の服は合わないんですね、そういうことも勉強になりますね。opinionatedというのが”自説を曲げない”という形容詞で初めて知る。あとは刺繍とかのファッション系の英単語も。

www.bbc.com

今回の単語

one-of-a-kind ユニークな
floral 花柄の
embroidery 刺繍
atelier  /æ̀t(ə)ljéi/ アトリエ
opinionated 自説を曲げない、意固地な
headstrong 頑固な

IELTS Energy English Podcast

Podcastでこの前紹介したAll ears EnglishのIELTS版がありました。個人的に、こちらの方が聴いていて面白い。IELTS受ける気ないけれど。なぜかというと、片割れのジェシカさんが読者のために変な単語を意図的に使うのが勉強になる。dumbfoundedとかflabbergastedなんてね。一生懸命リスナーを自分たちのIELTSコースに誘導しようとしてるのも楽しい、他の先生やマテリアルを攻撃しつつ。また、彼女の魅力も惹きつけられる原因の一つかも。三十路中盤、一児の母、タトゥー沢山。IELTS教育に賭けているみたいで、漫画が好きで本はSF。映画も王道でないのが好きだし、会話はヒートアップするとふたりとも超早口、でも超興奮するとゆっくりになる。基本彼女が会話をリードして、リンジーはI love that.を後ろの方で言ってるイメージ。イメージと言えば、写真だとだいぶイメージ違うね。失礼ながらふくよかな感じかと。Youtubeにもビデオをアップしてるし。週三回のこの位の頻度がちょうどいいのかも。リンジーの方はたまにIELTS試験のモルモットになって面白い。それでも即興で2分永遠喋れるんだから流石だなー

ちなみに、前回の台本なし英会話レッスンは10回目の和製英語を聴いて購読止めました。

IELTS Energy English Podcast | IELTS English Speaking Practice 7+ | IELTS Test Strategy | IELTS English Writing Tips

IELTS Energy English Podcast | IELTS English Speaking Practice 7+ | IELTS Test Strategy | IELTS English Writing Tips

  • Lindsay McMahon: Advanced English Conversation Teacher and Jessica Beck: Professional IELTS Instructor and Author
  • 言語コース
  • ¥0

curiosity

App

英語勉強用にちょうどいいアプリ(サイト)を見つけたので紹介。名前の通り好奇心を刺激する記事を毎日5つアップしてくれている。記事はバラエティに富んでいて基本短いので、自分が興味ある記事をタイトルから推測して毎日一本でも読むと良いと思う。Z会の速読速聴やダイアローグ1800シリーズが好きな人にはピッタリ。つーかこれがあればあんなの買う必要ない。毎日5本のダイアローグが読めると思うとコスパ最高。気になるのは記事内の英語だけど、それほどレベルは高くない。英検準1級でOK。TOEIC800以上を目指す人にもオススメかな。残念ながら記事そのものに音源が無いんだけれど、関連するyoutubeビデオへのリンクが複数あり(そのビデオがまた教育的)、記事は本質的にはyoutubeビデオのサマリになっている感じなので、ビデオを音源として聴ける。Umano亡き今、ようやく代替アプリを見つけたぞー

なお、こういうアプリ紹介記事は基本的に胡散臭いw(試しに「英語勉強」「アプリ」とかで検索してみて欲しい。◯◯が推薦する英語学習に欠かせないアプリ10選とかほんとひどいのばっかりだ)のだけど、curiosityは英語学習用じゃないのに英語勉強に役立つというのが面白い。皆さんも英語学習用途でないのに英語学習に役立つアプリを探してみよう!

curiosity.com