ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

throw a bone to someone, throw someone a bone

この骨を投げると書くイディオムは、海外ドラマではちょくちょく使われてます。ではなぜ今まで記事にしなかったかというと、英辞郎に載ってなく、自分自身でも意味がわからなかったから(笑) 骨を投げて喜ぶのは犬だから、「喜ばす」の意味だとずっと予想し…

short notice / 急な話、突然のお知らせ

short noticeはビジネスシーンなんかで頻繁に使われる表現。普通は、急な話で申し訳ないんですが・・・という前置きに使われます。この後に、ミーティングのキャンセルや注文数量の変更といった相手の嫌がることが続きます。多分、TOEICなんかにも出てくると…

字幕ファイルsrtの取り込みTips

自分はPCのローカルに字幕DBを構築し、一回見たエピソードは随時DBに取り込んで、いつでも検索してどの番組のどのエピソードのどのシーンに特定の英単語が出てきたのか分かるようにしてるんですが、最初あまり深く考えずに仕組みを構築してしまったため、初…

The rest is history. / 後は知っての通り。

The rest is history.が使われる典型的パターンは、有名な話をしていて、ある時点まで来た時にそれ以降の物語はみんな承知してる時でしょうか。the restでその話の残りの部分を指し、histroyで歴史になってる=みんな知ってる、という感じだと思います。例え…

9-1-1

9-1-1と聞いてどんなドラマだと想像しますか? この数字の列から9/11に起こったアメリカ同時多発テロを思い起こす方も多いかと思いますが、残念ながら違います。そっちを表す時は数字を全部バラバラにせず9/11でナイン・イレブンと読みます。ナイン・ワン・…

now that I think about it / 考えてみると

come to think of it / 考えてみると - ドラマの中の英語 以前やったcome to think of itの兄弟バージョンnow that I think about itもドラマでの使われ方を見てみたいと思います。「今になってそれを考えてみると」ということですね。 The Big Bang Theory…

something (else) / 大した人・物

something (else)は通常「何か(他の)」という意味ですが、会話だと、たまに表題の「大した人」の意味で褒めるのに使われる事があります。正確には「大した」ではなく「何か普通とは違う」「何か持ってる」という感じだと個人的に感じますが、いずれも文脈…

where the magic happens / 不思議な事が起こる場所

今回紹介するwhere the magic happensはイディオムでもないし、そのまんまの意味なんですが、海外ドラマなんかではたまに使われる表現ですね。こういう表現をスピーキングテストなんかでサラッと使えるといい感じです。「家の中で好きな場所は?」「My favor…

last but not least / 最後に

何かを列挙していく時に、最後で出てくるものはあまり重要でない感じがしますよね。だって、最後に思い付いたんだから。でもそうじゃないんだよ、ということを表すのがこのlast but not leastです。最後(last) だけれども(but)、最下位(least)ではない…

to不定詞意味上の主語(of + 人、人の性格) ってどうなのよ?

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合 - ドラマの中の英語 ちょっと前に、動名詞の意味上の主語の記事を書いたので、今回はto不定詞の意味上の主語(of + 人、人の性格のパターン)を考えていきます。多分学校では、通常はforにして、…

The Golden Girls

The Golden Girlsは1985年から7年間放送されたシットコム。生まれてない人も多いんじゃないかな。日本では放送されていないし、DVDも販売されてないし、オンラインストリーミングでは利用可能になった試しがないし、そもそも日本語のWikipediaがないんだか…

so be it / それならそれでよい、好きにすれば

so be itは「それならそれでよい」という意味と辞書には載ってますが、渋々承諾してるのか、投げやりになっているのか、文字からだけだとちょっと分かりませんね。ということで、この表現が使われるドラマのシーンを詳しく見ることで、どんな感情がこの表現…

ドラマの中のWinter is coming.

しょーもない一発ネタを。Winter is coming.と言えばGame of Thronesで有名なセリフですが、そのセリフが他の番組でも使われているか調べてみました。ちなみに、Winter is coming自体はGoTでは14回しか使われていないんですね。意外と少ない・・・。宣伝で…

in someone's defense / ○○を擁護すると

議論をしてると自分と同じ主張の誰かを擁護したくなる時があります。その時には、このin someone's defenseで話を始めると、聞いてる方も○○の擁護をこれからするのだな、とわかりやすいです。当然のことながら、someoneには自分を入れてOK。ということは、ス…

My point is... / 私が言いたいのは・・・

英検の2次試験が迫ってるということで、スピーキングで使えそうな表現を海外ドラマから紹介していきます。まず最初は、「私が言いたいのは」です。はい、何の変哲もない表現ですね。これは、結論を述べる際と言うよりも、脱線した会話を元のレールに戻すの…

buy / 信じる、受け入れる

これは非常に面白い表現ですが、相手の話を信じる・受け入れるのを、英語では”売り買い”に例えるんですね。相手の信じられない話の後、「I'm not buying it.」と言ったら、「それはちょっと信じられないな」ということです。そう考えると、逆に、sellに「人…

beeswax

beeswaxが使われるシーンを海外ドラマ等から抜き出してみます。果たして、どんな意味なのでしょうか? ヒントは、文字通りの「蜜蝋」の意味ではありませんよ。 Why don't you just mind your own beeswax, huh? Prison Break/Season 4/Episode 1 ちょっとは…

Ew, Ew, Ew, Ewwwランキング

Ewは海外ドラマを見てれば1エピソードに大抵1回は出てくるお馴染みの「キモい」を意味する表現ですが(発音はィウ)、今回はEwがたくさん使われたシーンをランキング形式でピックアップして、何がEwなのかを見てみたいと思います。 第3位:ゴミ捨て場のゴ…

mogul / 大御所、権力者

今回は以前から温めていた(冷凍保存していた?)冬季オリンピック繋がりのボキャブラリーを紹介。その名もmogul。コブ付き斜面を滑降するモーグルと同じ綴りですが(発音はモウグル)、ドラマだと「大御所」の意味で用いられることがちょくちょくあります。…

ドラマの中のlook forward to + 動詞の原形

look forward toは楽しみに待つという意味ですが、受験生にとっては、toが前置詞のためこの後に続く動詞が動名詞になることで有名かもしれません。テストで動詞の原形を選択して間違った思い出がある方も多いのでは。でも本当にいつでもそうなのか、とふと疑…

The IT Crowd

The IT Crowd(ハイっ、こちらIT課!)はイギリスのシットコム。知る人ぞ知る作品だ。最近ニュースでThe IT Crowdの新しいバージョンがアメリカで作られるかもと聞いてちょっと記事にしてみる。 この番組はイギリスのとある企業のITヘルプデスクが舞台のコメ…

over / (失恋・障害を)克服する、乗り越える

overを辞書で調べると沢山の意味が載ってますが、海外ドラマを見る時に頻繁に出てくるのが、この克服のoverです。ドラマの中では、恋をして失恋したり、家庭や健康の問題が出てきたりと、話を面白くするために、登場人物たちは様々な問題に直面させられます…

ドラマの中のFriends(3)

ドラマの中のFriends(2) - ドラマの中の英語 引き続き、海外番組の中のシットコムFriends言及シーンを見ていきます。 Communityではレイチェルがチャンドラーの裸を見たエピ コミ・カレ!!という変な邦題になってしまった学園コメディCommunityでは、ジェ…

人を男性器呼ばわり=間抜け、アホ

海外ドラマの中では、人(男性)を男性器呼ばわりすることが頻繁にあります。その時は「あなたは男性器だ」と言ってるわけでなく、馬鹿とかアホとかそういったことを意味してるだけです。男性器を意味する英単語はいくつかありますが、ここでは代表的なもの…

close one(call) / ギリギリセーフ、危機一髪

close one, close callがよく使われるパターンは、危険な状況をギリギリ脱した主人公が、安全になった後ポツリとつぶやくシチュエーション。「今のは危ないところだった・・・」。生命の危険なんかが多いので、その場合は「危うく死ぬところだった」と訳して…

ドラマの中の残念なno sooner than構文

no sooner... than... は「〜するや否や」という意味と共に、倒置が発生することで有名な構文です。しかし、ドラマの中ではあまり使われる構文ではありません。ライティングで主に使われる感じでしょうか。それでも、調べたところ10件ほどヒットしましたの…

Key and Peele

Nathan for Youを紹介した際に、番組の一部を見れるということで紹介したYoutubeのチャンネルComedy Central。ここには他にも色々なコメディ番組がアップされているみたいですが、この中で再生回数が多いものを見たら、Key and Peeleという番組が独占してい…

導入のthis

話者が物語を述べていて、新たに人や物をその話に導入する際に、thisを付けて導入することがしばしばあります。日本語でなんというのかわからないので、取り敢えず「導入のthis」と呼んでおきます。「昨日スタバ行ったんだけどさ、席に座ってコーヒー飲んで…

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合

海外ドラマはコスパ最強かつの最短経路の英語勉強だと思ってますが、問題は自分の脳が会話に超最適化されてしまう点。海外ドラマ脳とでも呼べばいいのか・・・。それをつくづく感じるのが、動名詞の意味上の主語を所有格にするか目的格か。つまり、 my doing…

ドラマの中のFriends(2)

ドラマの中のFriends(1) - ドラマの中の英語 前回の引き続きで、海外番組の中のFriends言及シーンを見ていきます。 The Good PlaceではFriendsキャラで例える The Good Placeは結構Friendsネタが出てきますね。このシーンでは、我々はロスとフィービーみ…