ドラマの中の英語

The name of the game is communication

2018-07-30から1日間の記事一覧

"No offense." "None taken." / 「気を悪くしないで」「気にしないよ」

「No offense.」は相手が気分を害しそうなこと言っちゃった時の定番表現。例えば、相手のお祖母ちゃんが最近逝ったばかりなのに、死に関する話題を振っちゃうとか。「あ、やばい・・・汗」。そんな瞬間ありますよね。そんな時はすかさずこう言いましょう「No…

本blogのGoogleアナリティクスデータ

Etc

今回は海外ドラマも英語も全く関係ない話題。 今年の3月に訪問者数が増えてきたということで、Google アナリティクスを導入したんですけど、ここ数ヶ月で色々見えてきましたので、ちょっと紹介します。 ちなみに、Google アナリティクスはホームページのア…

Who Is America? Episode 2

前回: Who Is America? - ドラマの中の英語 (動画は一番下に貼ってあります。) 続編記事を書くつもりはなかったんだけれど、Episode 2の抜粋も面白かったからちょっとほぼ全部紹介。 我らがSacha Baron Cohenがまたまたやってくれました。今回のターゲッ…