ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

Breaking Bad

that being said / そうは言ったものの

Having said that / そうは言ったものの - ドラマの中の英語 今日は以前紹介した「having said that / そうは言ったものの」の別バリエーションthat being saidを紹介します。意味は全く同じです。 Breaking Badのハンク上司 殺人現場からガスの指紋が見つか…

so much so that / とてもそうなので

今回はso much so thatの使い方をドラマの実例で学んでいきます。辞書を引けば意味は、とてもそうなので、です。つまり、片方のsoが”とても”と程度の大きさを表すのに対し、もう一方は"そう"と前に出てきたものを指します。使い方は本当に簡単なので、これを…

I, for one / 私個人としては

I thinkをパラフレーズする時、動詞thinkを他の動詞supposeとかfigureに置き換えることしか考えません。あるいは表現自体を変えて以前紹介したMy money's onとか。でもよく考えてみれば、Iを変化させることもできるわけで、今回はそんな変化の一つI, for one…

not give a shit / 知ったこっちゃない、意に介さない、関係ない

これも耳にタコができるくらい使われる表現で、全く興味がないとき使われる感じ。shitはクソなので下品な表現ですね。日本語だと意に介さない、よりくだけた言い方にすると、どうなろうと知ったこっちゃない、とか、関係ないでしょうか。前回英検のボキャブ…

up to speed / 最新状況を把握して

up to speedが使われる典型的場面は、状況を知らない新米やら新任署長に一通りの状況を説明して現況を把握してもらう時。OJTとはちょっと違う感じで、あくまで仕事にとっかかれる必要最低限の情報を短時間で共有する感じ。この表現up to speedはドラマで本当…

capiche? / 分かった?

capiche?は相手が理解したかを尋ねる言い方。敢えてカタカナで書くとカピーシですが、この音を聞いたことある人は多い筈。なんか耳に残ります。綴り方はいくつかあるみたいで、capeeshやcapisceです。理解したかを聞くのって意外と難しくて、最悪相手を間抜…

Sure thing / もちろん、オーケー

of courseに飽きたあなたにお勧めの英語表現Sure thing。めちゃくちゃ簡単なんですが、日本人で使ってる人居るのかな? 肯定するときに使える便利な表現です。ドラマだとカジュアルな感じで頻繁に使われますね。早速海外ドラマではどんな風に誰が使うのか見…

take the Fifth / 黙秘権を行使する

自分が尋問された時是非言ってみたいセリフがこれ、"黙秘権を行使します"。でも日本ならいざしらず、アメリカで捕まったら何と言えばいいのでしょうか? そもそも”黙秘権”という英単語がでてこないですよね? でも、これがめちゃくちゃ簡単です。take the Fi…

pick one's brain / 知恵を借りる

pick one's brainは日本語とほぼ同じ知恵を借りる/相談に乗ってもらうということ。pickにはpick pocket(する)のように盗むの意があるので、アイデアを盗ませてもらうと言ったところかな。日本語では借りるという後で返す義務がある感じだけど、英語は盗ん…

I'm in. / (その話)乗った

I'm in.もドラマでよく聞く表現。何かアクティビティがあって、それに入る/参加する時に使われる。日本語だと”乗った”って感じかな。単に一語で"in"だけのこともある。もちろん反対はout。ということで、実際の使用例を海外ドラマで見ていきましょう。 Frien…

while you're at it / (仕事の)ついでに

be at itという表現をドラマで繰り返し耳にするので、辞書で調べたら”(仕事で)忙しくしている”という意味。でも更に注意深く観察してみたら、while you're at itというwhile付きの形が非常に多いことに気がつきました。つまり”あなたが忙しくしている間に…

for old times' sake / 昔のよしみで

for one's sakeは”〜に免じて”と言う意味で習ったと思います。for the sake ofで言い換えるとか暗記した記憶が・・・。海外ドラマではこのoneの場所に特別な単語が入る表現が非常によく使われます。oneだから人間が入るのが常ですが、今回のはold timesとい…

A cat has nine lives

ドラマの中に出てくることわざで、これほどよく出てくるものは他にはない、というくらい使われまくってるこのa cat has nine lives。普通に訳せば猫には9つ命があるですが要は、なかなか死なない・くたばらない、ということみたいです。多分辞書で引くと、 …

take a leak

今日のネタはtake a leak。これも結構海外ドラマで聞く表現。どんな意味か分かりますか? Breaking Bad 安酒場で仕事のストレスのはけ口を酒に求めたハンク。そこに居たクスリを所持していそうな若者二人を絞り上げるのを同僚のゴメスに止められます。渋々酒…

come to think of it / 考えてみると

Having said that / そうは言ったものの - ドラマの中の英語 前々回くらいに”having said that / そうは言ったものの”と自説を変える時の表現をやったので、今回はそれに似た表現”考えてみると”を見てみます。 Breaking Bad みんな大好きBBからはスカイラー…

What's wrong with you? と What's wrong? の違い

What's wrong with you? と What's wrong?。違いはwith youの有無だけですが、間にマリアナ海溝より深い溝があるということが巷では盛んに言われています。しかし、実際どのくらいの違いなのかはネイティブでない我々には皆目見当も付きません。そこで、ドラ…

how dare you?はどのくらいdareなのか

ドラマを観てるとよくhow dare you?という表現にぶつかります。意味は”よくもやってくれたな”とか”何考えてるんだ”ということですが、それ以上の感情・憤りが込められていることが多い気がします。ここではドラマの実例から、どのくらいの感情のほとばしりが…

別れの分だけ”さよなら”もある

さよならをグッドバイだけでは太宰もうかうか墓場で寝てられません。というわけ(?)で、ドラマで使われた別れの挨拶を集めてみました。皆さんの表現の一つに入れてみてはいかがでしょうか? so long あまり見慣れないこの表現を最初に認識したのは、映画”…

意味を知ればナルホドな英単語・表現

意味を知れば、ああそういう意味だったか納得、となる簡単な英単語が結構有ります。今回はそれをドラマで実際使われたセリフと一緒に紹介していきます。事前にどんな意味か推測するのも面白いですよ! moonlight 最初は名詞で「月光、月明かり」。これが動詞…

wayのちょっと意外な使い方

ドラマを観てるとwayが「すごい」、「とても」と言ったように副詞で使われることが頻繁にあります。特にtooに重ねて強調するのが多いみたい。比較級だって強調できる。この用法ってあまり文法書とかに載ってないよね(多分informalで口語かな?)、というわ…

ドラマで英語のお勉強[24日目] Advent Calendar 2015

英語試験に出る単語もあるある 意外と試験に出るような単語もドラマには頻繁に出てきますので、最終日は前回の英検1級(2015年度第2回)のボキャブラリーで出てきた単語が使われているシーンでシメたいと思います。 detrimental、有害な 14. Although …

ドラマで英語のお勉強[22日目] Advent Calendar 2015

Hey, Dudeであるある 完全にネタ切れですが、Dudeは頻繁に聞く機会の多い単語。意味は、おまえ・やつ、ですね。同様の言い方にmanもあります。映画・ドラマではお馴染みです。下記のNow I Knowに最近この単語の出処が判明したという記事がありましたので、今…

ドラマで英語のお勉強[16日目] Advent Calendar 2015

色でいろいろあるある 色は、文化が違えば 意味合いも自然と違ってきます。ここではそんな色にまつわる表現をピックアップ。 red tape、お役所仕事 別にbureaucracyなんて長い単語を覚える必要は無かったんですね。red tapeならすぐ使えそうじゃないですか。…

ドラマで英語のお勉強[12日目] Advent Calendar 2015

女性を表す表現であるある ballbuster / 高圧的な女性 男性諸氏にとっては、なんか痛い感じに聞こえるこの単語。 ballをbusterする人だそうです。 The Big Bang Theory シーズン6 エピソード10からは、ハワードと婚約者バーナデットの父親のマイクとの会…

ドラマで英語のお勉強[11日目] Advent Calendar 2015

2ワードであるある 2ワードを抜かしていたので。。 fair enough / まあ、いいだろう この表現はどんなドラマにも頻繁に出てきます。100%までいかないけれど、まあ受け入れることはできる、とりあえずOK、というちょっと折れた感じの表現。実際の使われ方を…

ドラマで英語のお勉強[9日目] Advent Calendar 2015

3ワード表現であるある 今回はついにネタが切れましたので、3ワードでよく聞く表現をご紹介。4,5,6と増やしていく戦略でページ増。 speaking of which / そういえば speaking of ...で〜について言えば、という意味なのは有名ですが、ドラマの中だと…

ドラマで英語のお勉強[4日目] Advent Calendar 2015

動物イディオムであるある 動物を使った表現はたくさんありますが、その中から面白いのを本日はご紹介します。 dodo /dóudou/ ドードー鳥 ドードーは既に絶滅してしまった大型の鳥。そこで dead as a dodo(ドードーと同じくらい死滅した) やgo the way of …

ドラマで英語のお勉強[1日目] Advent Calendar 2015

ラテン語などの表現であるある 前口上 ドラマ見て英語勉強する方法って簡単だし、楽しめるし、より多くの感覚を使うので上達も早いし、疲れれてもできるから個人的に超オススメなんですけど、何故か日本人ってやりませんよね。何言ってるのかさっぱり、身に…