ドラマの中の英語

The name of the game is communication

Breaking Bad

off the grid

ネットも使えない、文明の利器もない場所に数日滞在することになりますので、Blog更新はちょっとの間お休みになります。 これだけでは何なので、これに関連してoff the gridというイディオムを紹介します。これは、人里から離れたとかいう意味合いなので、今…

onto / 感づいて

up toが持つ3つの基本的な意味 - ドラマの中の英語 ちょっと前に「企む」という意味のup toを紹介しましたので、今回はそれと逆の意味で似たニュアンスの「感づく」のontoを海外ドラマの中で見てみたいと思います。「良からぬことを企む」奴がドラマの中に…

effective immediately / 即時発効にて

ビジネス英語って何なんだろうって考えてたら、よく分からなくなってしまった。ビジネス英語、得体の知れないあやふやなもの。そこでネットで調べてみると、なんとなく分かってきた。つまり、アポを取ったり、クレームのメール入れたり、得意先に謝罪したり…

シェイクスピアの英語3:The world is one's oyster. / 世界は〜の思うがまま

Words and Phrases Coined by Shakespeare シェイクスピアが作った・広めた表現を紹介してますが、今回はoyster。牡蠣ですね。Rの付く月に食べることで有名。でも、「世界は〜の牡蠣」と言うと「思いのまま」の意になるのが面白い。早速、海外ドラマでの使わ…

ドラマの中のけものフレンズ

海外ドラマの中には様々な動物が出てきます。そこでよく使われる動物を本記事では紹介していきます。全部の隠れた意味が分かるでしょうか? mule muleは動物としてはラバの意味ですが、刑事モノドラマではドラッグ等の運び屋の意味で登場します。ドラッグを…

shocker / 衝撃的なこと

shockerってカタカナで書くとショッカーなので、ギーと叫びながら世界征服を企む悪の一員的な感じがしますが(笑)、英語にそんな意味は全然なく、普通にショックをもたらす物の意味で使われます。ただ辞書を見ると、受け入れられないというニュアンスがある…

接尾辞 -wise / ○○の観点で、○○に関しては

調子に乗って、接尾辞ネタ第二弾 -wise です。wiseと聞けば「賢い」系と考えがちですが、接尾辞で使われる場合は全く関係ないので忘れて下さい。この -wise も本当によく使われる。ビジネス、一般家庭から刑務所の中まで。とりあえず名詞にwiseを付けておけ…

get one's hopes up / 高い期待を持つ

get one's hopes upの表現が使われるのは、否定を伴って「あまり期待するな」と釘を刺すシチュエーション。例えば出張でアメリカに行くことになって、お土産を期待する家族に「Don't get your hopes up.」と言えば、「あまり期待しないでね」というニュアン…

broke と broken の違い

breakの過去形brokeと過去分詞brokenは、形容詞として使われるときに大きな意味の違いがありますので、ちょっとまとめておきます。 broke / 無一文の、金が無い brokeは無一文、お金がない状態です。基本be動詞と共に使われて、名詞は修飾しない。 Breaking …

Breaking Bad Reunion

ブレイキング・バッド同窓会ということで、先週、主要メンバーが10年ぶりに一堂に会したみたいです。Youtubeにはそんなインタビュービデオが何本も上がってますが、自分がちょっとうるっと来たのが、マリーの中の人Betsy Brandtの話。ドラマ上の夫であるハ…

on one's way / 出掛けるところで

on one's way は「途中で」と学校で習ったので、A地点とB地点の中間を移動してるイメージですが、実は「A地点にまだ居てB地点にこれから行く」ことを表現できるのが面白いところ。よくあるのが、FBI捜査官が夜寝てると(これからいざ情事という場合も)、事…

to death / 死ぬほど、死に至る

to deathはいろんな動詞と結びつくことで、比喩的に「死ぬほど○○だ」を意味できます。scared to deathなら「死ぬほど怖い」だし、bored to deathなら「死ぬほど退屈」と言った具合。一種の強調表現ですね。逆に、本当に死ねる動詞だと、死も意味できます。つ…

意外な意味を持つ料理英語3つ

海外ドラマ見ていると、台所で使われるべき英単語が意外な場面で聞かれることがよくあります。まあ、全く別の意味を持ってるだけなんですけどね。今回はそんな英単語を3つ紹介。どれも普通に使われるものばかりです。 cook / (帳簿・数値等を)改ざんする …

our paths cross / (ばったり)出会う

人生を一本の道に例えるのは英語も同じようです。そんな二人の道が交差するというのだから、人と人が出会うの意味になるのは、まあ納得な感じです。ただこの表現には、ばったり・不意にの意味が含意されているので、事前に連絡を取り合って会うのには使えな…

behind the wheel / 車の運転して、支配権を握って

behind the wheelという表現は3つの点で面白いです。まず、wheelが車のハンドルを表すこと。これは知らないと分からないな、と少し調べてみたら、どうもハンドルという言い方は和製英語のようですね。次に、behind。ちょっと目をつぶって想像してみて下さい…

rainy day / いざという時

梅雨に入って体調管理が大変な時期になりました。梅雨といえば雨ということで、今回はrainy dayという表現を海外ドラマで見ていきます。save for a rainy day(いざという時のために備えて蓄える)という言い方もお馴染みですね。ちなみに、こういう梅雨→雨→…

Be my guest. / ご遠慮なさらず。どうぞご自由に。

Be my guest. は、相手から何か依頼されたときの承諾の返事として使える表現「ご遠慮なさらず」です。文字通り訳せば「私の客になれ」ですから、まあニュアンスは分かる感じですね。ということで、早速海外ドラマでの使われ方を見ていきます。 Breaking Bad…

not what it looks like / そうじゃないんだ、違うから

not what it looks likeは特別なイディオムとかじゃないんですけど、海外ドラマ、特にコメディーのシーンでよく使われるので紹介してみます。典型的なのは、裸の男女が部屋から飛び出してきて、リビングルームにいる友達に目撃されるシーン。視聴者含め、当…

would kill to / ものすごく〜したい

would kill toはwould like toやwould love toと同じ系統の「〜したい」の意。でも面白いのは、likeやloveとは真逆の方向のkillであること。辞書によれば、「〜するためには人を殺すかもしれない」というニュアンスだそうです。ドラッグとかタバコなどの禁断…

as much as / 〜ではあるが

as much asは原級の意味しか知らなかったので、最初このeven thoughの意味で出てきた時は混乱しました。辞書を引いて納得しましたが。ということで、結構出てくるこの「〜ではあるが」のas much asを海外番組の中で見ていきます。 Friendsから エミリーと長…

Now you're talking. / そう来なくっちゃ。いいこと言うね。

Now you're talking. は現在進行形ですから、中学生でも「あなたは今喋ってる」という意味は分かりますが、本当の意味はちょっと掴むのが難しです。というか、「あなたは今喋ってる」って実際面と向かって言う人はいないですよね(笑) 閑話休題。この表現は…

me too vs. you too

英語を勉強し始めた時って、"me too"は一応知ってるわけです。そして、それしか無いと思ってます。ですから、いきなり"you too"ってのが出てくると、最初は相当混乱しますよね。自分も頭の中?マークで埋め尽くされました。実際海外ドラマを見ていても、"me …

Don't "直前の呼びかけ" me!

以前This Is UsのNagasakiやザッカーバーグでやったように、基本、英語は固有名詞はなんでも動詞になりえます。その固有名詞が持っているニュアンスが動詞化するんですね。でも、海外ドラマでよく出る表題の「Don't "直前の呼びかけ" me!」は固有名詞の場合…

due diligence / 適切な措置

due diligence。これほど辞書を引いても意味の掴めない表現はないと思うくらい、これ意味わかりません。一応、ビジネスシーンで使われる時は決まって、資産の適性評価の意味で使われます。企業の買収なんかで相手の企業の価値を正しく把握する際に出てくる用…

sweet on / 〜に夢中で

sweetは日常会話では欠かせない英単語。甘いから始まり、sweet of youと感謝するときや、異性を呼びかけるときにもsweetieやsweet heartで使われます。ですから、この sweet on もこの際覚えてしまいましょう。意味は「〜に夢中」と、なんとなく想像し易いで…

ドラマの中の crash と crush

crash と crushという似た綴り、似た発音の単語ですが、ドラマの中だと面白い使われ方をします。これは有名なので既に皆さん知ってるかもしれませんね。でも、二つ同時に知ってる人は少ないのでは? ということで、今回は2つの単語がドラマの中だとどう使わ…

Scratch that. / 今のナシ、やっぱやめ。

scratch that - Wiktionary scratch thatはカジュアルな言い方の前言撤回。ただ、Wiktionaryにはimperativeと命令的とあるので、使う場合は注意が必要っぽいですね。それでは早速、ドラマでの使われ具合を確認してみましょう。誰に対して言ってるかも注目し…

dibs on / ○○の優先権、○○もーらい

dibsには優先権・所有権という意味があると辞書には載ってますが、ドラマの中で使われる時は、なんかそんな大それた感じの法律的ニュアンスでは全然ないんですよね。子どもたちがゴレンジャーごっこ(今はなんなんだろう?)をしようとしてると想像して下さ…

Anyways

anywayに関しては以前、 「いずれにせよ」三兄弟Anyway、AnyhowとAnywho - ドラマの中の英語 で似た表現を紹介しましたが、最近耳につくようになったのが、このanywaysとsを付ける言い方。もちろん、anywayと同じ意味なんですけど、最後の/z/の音がなんか気…

that ship has sailed, that train has left the station / 機会は失われた、時既に遅し、もう元には戻せない

この表現は初見でも推測しやすいと思う。というのも、全然関係ない文脈で「船」だの「列車」だのがいきなり出てくるので、ああ比喩で言ってるんだなと気付くし、直前に通常「機会」が言及されているので、そのことを指していることは明白。それに、両者とも…