ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

GLOW

Gon the Fox

英語での通り名って「本当の名前 the ○○」になること結構ありますよね。○○は、職業だったり、所属するものだったり、中二病な単語だったり色々。と言うことで、ドラマの中ではどういった通り名が使われているか見てみます。 Alexander the Great とその前に…

GLOW シーズン2始まるよー

ネトフリオリジナルドラマGLOWのシーズン2の公開日は2018/6/29。いよいよ一週間を切ったわけで、主演してるAlison Brie等のメディアへの露出も増えてきた今日このごろ。そこで今回は、GLOWの紹介を兼ねて英語の勉強です。単なる紹介だけだとネトフリの回し…

Be my guest. / ご遠慮なさらず。どうぞご自由に。

Be my guest. は、相手から何か依頼されたときの承諾の返事として使える表現「ご遠慮なさらず」です。文字通り訳せば「私の客になれ」ですから、まあニュアンスは分かる感じですね。ということで、早速海外ドラマでの使われ方を見ていきます。 Breaking Bad…

curveball / 予期しない事

curveballはその名の通り曲がるボールですが、野球のコンテキスト以外でも結構使われる英単語です。その意味は、「予期しない事」。つまり、ストレートボールを待っていたら、カーブボールが来た感じでしょうか。おっとっとと驚いてしまうのは必定。それでは…

pay the price / 代償を払う

pay the price は実際お金を払うわけではなく、行った行為に対して(後々)埋め合わせをすると言う意味。日本語の「代償を払う」と全く同じアイデアですね。学生時代に勉強しないと後で代償を払うことになるぞ、なんて典型的な使われ方。それでは、この表現…

Don't get me wrong. / 誤解しないで。

Don't get me wrong.は、海外ドラマでは超頻繁に出てくるので、最初に覚えるべき表現の一つ。誤解されそうな曖昧な主張をした際に使われる。自分が言ったことを相手が違うように受け止めた時とか、受け止められそうな時にも言う感じ。通常この表現の後、自分…

Told you. / 言ったでしょ

Told you.は意味を取るのが簡単な表現。I told youの省略だから、(前に)言ったじゃん、ほらね、って言う感じ。では早速使われ方を海外番組で見ていきます。 The Big Bang Theory サバイバルゲームをやるいつものオタクメンバー。形勢が押され気味のため、…

me three

1人目に賛同して2人目が「私も」と言う時にme tooとよく言いますが、twoをtooに引っ掛けて3人目がふざけてme threeと言う場面が、GLOWというドラマで現れました。このドラマは80年代をフューチャーしてるので、この表現が古い言い方か普遍的なのかちょっ…