ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

Gilmore Girls

from scratch(一から)の語源

from scratchは「一から、最初から」の意味ですけど、なんでscratch(ひっかき傷)なんだ?と思って調べたら、これ、レースのスタートラインのことなんですね。子供が、この線からあそこの電信柱までどっちが速いか競争するときに、地面に横に引く線。それが…

シェイクスピアの英語1:into thin air / 跡形もなく

シェイクスピアが作ったり有名にした英語表現はたくさんありますが、海外ドラマで比較的使われるものを、これから数回に分けて紹介していきたいと思います。 ネタ元は以下のサイトです(coinは新語を作るという動詞)。 Words and Phrases Coined by Shakesp…

A is one thing, B is another. / Aはそうだが、Bはまた別の話だ。

A is one thing, B is another. の表現が使われるのは、Aに比べてBがとてつもなくかけ離れている時です。例えば、彼女を作るという話をしている時に、好きな子を見つけること is one thing, その子を自分に惚れさせる is another. と言ったりできます。つま…

on one's way / 出掛けるところで

on one's way は「途中で」と学校で習ったので、A地点とB地点の中間を移動してるイメージですが、実は「A地点にまだ居てB地点にこれから行く」ことを表現できるのが面白いところ。よくあるのが、FBI捜査官が夜寝てると(これからいざ情事という場合も)、事…

ドラマの中の「酔っ払った」

「酔っ払った」を意味する表現・スラングは、それこそ星の数ほどありますが、今回は割とドラマで使われる表現を拾ってみます。 under the influence これは、乗り物などを運転する時になんかに使われる改まった感じの表現。裁判なんかのシーンで聞くことが多…

our paths cross / (ばったり)出会う

人生を一本の道に例えるのは英語も同じようです。そんな二人の道が交差するというのだから、人と人が出会うの意味になるのは、まあ納得な感じです。ただこの表現には、ばったり・不意にの意味が含意されているので、事前に連絡を取り合って会うのには使えな…

ballpark / ざっくりの数字、概算

ballparkの文字通りの意味は野球場ですが、野球の文脈以外だと、この概算の意味で使われることが圧倒的に多い英単語です。ビジネスシーンなんかで頻繁に出てくる印象。例えば、1トンの原料を買うのにballparkでいくらになるか?なんてのが典型例ですね。3…

history / 過去の人・もの

You are history. と言われたら、喜ぶべきなのでしょうか、悲しむべきなのでしょうか。historyを歴史と取れば、なんか褒められている感じがしますが、実はこれ、お前は過去の人・無用、という意味なんですね。ということで、なんと悲しむ方でした。では実際…

命令 + or else / さもないと大変な事になるぞ、わかってるんだろうな

命令文の後にorを付けると「〜しろ、さもないと〜」と言う意味になるのは中学生あたりで習うことですが、この or の後ろを具体的に述べないで else だけにすると脅迫の意味になることは、あまり知られていないかもしれません。しかし、日本語でも、「明日中…

ドラマの中のabbreviation

abbreviationは省略形の意味。手紙の最後に P.S. と書いたことある人も多いと思いますが、実はこれがabbreviationの一例です。ちなみに、P.S.はpost scriptの略だそうです。へーへーへー。でも、これってライティング特有じゃないの?と思っていたのですが、…

Knock it off. / やめろってば。

Knock it off.は、いたずらなどのウザいことをされて、最初は我慢したけどとうとう堪忍袋の尾が切れたときに言うセリフ。「やめろってば」と嫌な顔して言えば、普通の神経してる人はやめるでしょう。しかし、ようやく反応したと嵩にかかってくる輩が少なから…

バカ、馬鹿、莫迦

バカを意味する英単語はそれこそ星の数ほどあると思いますが、自分が海外ドラマを見てた中で気に入ったのをピックアップしてみます。まあ、使う機会はないかと思いますが、こんなのもあるんだということで。 simpleton simpletonは、simpleというパートが示…

Where was I? / どこまで話したっけ? 何話してたっけ?

Where was I? は自分がどこに居たかを尋ねる表現。文字通りの物理的な場所を聞く場合もありますが(健忘症や酔っぱらいの人限定)、海外ドラマの中では、会話中に話が脱線した場合に、自分が前の話題をどこまで話したか聞くときにも使います。日本語だと「ど…

You're on. / 受けて立ってやる、その話乗った

you're on - Wiktionary You're on. は相手から何かをチャレンジされた時の定番の回答「受けて立ってやる」を意味します。面白いのが、 I'm on. じゃないんですよね。自分が受けて立つんだから I が自然に思えますが。初見じゃ絶対わからない表現の一つです…

ditto / 右に同じ、同上

先日、me too/you tooをやったので、同じ意味のdittoを今日は見ていきたいと思います。カジュアルな響きですが、実際のところはどうでしょうか? 海外番組での使われ方を見てみましょう。 Friends レイチェルは元カレのロスによく似たラス(笑)と付き合い始…

me too vs. you too

英語を勉強し始めた時って、"me too"は一応知ってるわけです。そして、それしか無いと思ってます。ですから、いきなり"you too"ってのが出てくると、最初は相当混乱しますよね。自分も頭の中?マークで埋め尽くされました。実際海外ドラマを見ていても、"me …

so you / あなたらしい

この表現はIt's やThat's なんかと一緒に、その行動が「あなたらしい」ことを表現する時に使われる感じです。別にyouだけでなく、herでもhimでもなんでもOK。人を見殺しに出来ない優しい主人公が、炎に包まれる家の中に赤ちゃんを助けに戻ったら、ヒロインが…

量が全然無い意味での fat

fat って「太っている」なので、サイズ的にでっかく大きいし、数量的にも大きいのかなと想像できます。だから、fat salaryと聞けば、いい金額のお給料を貰ってるんだなと、お財布が膨れてるイメージで、なんとなく予想できます。しかしこのfat、表題のように…

句動詞 fall for / ほれる、騙される

句動詞fall forの意味は辞書によると「惚れる」だそうです。ドラマの中では比較的よく使われる表現。惚れた腫れたは恋愛ドラマの主要なテーマだから当然ですね。fall in love with と同系統な感じです。と同時に、「騙される」の意味があるのも興味深い点。…

Little did one know / 思いもよらなかった

英検2級のリーディングを先日解いていたら、 (Little) did he know that they were planning a surprise party for him. という穴埋めが出てきました。よくある倒置構文なのでなんとなくで正解は出来ましたが、実際のところ海外ドラマによく出てくるものな…

What do you say? / やってみる? どう思う?

What do you say? は意志を聞く時の定番中の定番表現。ここでポイントは、意思じゃなく意志(やる気)。だからthinkじゃなくてsayを使っている感じ。What do you think? との使い分けがよく分かるシチュエーションが、これから仲間みんなで何かしようとして…

now or never / やるなら今だ、今やらないなら一生やらないで終わる

now or neverをそのまま訳すと「今やらないなら一生やらないことになる」です。つまり、暗に今やれと催促してるわけですね。一昔流行った言い方で言えば「いつやるか? 今でしょ!」というわけ。それでは海外ドラマの中で、この表現を使ってどんなことを催促…

congratulations are in order / お祝いされるに値する

congratulations are in orderは相手を褒める時のバリエーションの一つ。でも、ちょっと客観的なスタンスなのかな。だから、I sguessとかI supposeなんかとくっつくことが多いイメージ。単に「おめでとー」というのと「お祝いされるに値すると思う」というの…

N-th of All

First of All の次は Second of Allか? - ドラマの中の英語 以前、First of allの次はSecond of allかというくだらない調査をしてみましたが、今回はそれに関連して、N-th of AllのNが一体幾つまで行くか見てみたいと思います。検索する字幕は自分が今まで…

never gets old / (ジョーク等が)決して古びない

classic / お約束、あるある、定番、傑作、色褪せない - ドラマの中の英語 never gets oldは、ある意味以前紹介したclassicによく似た表現です。決して古びない=今でも新鮮=古典的傑作というニュアンス。これがよく使われるのはジョークに対してなので、「…

short notice / 急な話、突然のお知らせ

short noticeはビジネスシーンなんかで頻繁に使われる表現。普通は、急な話で申し訳ないんですが・・・という前置きに使われます。この後に、ミーティングのキャンセルや注文数量の変更といった相手の嫌がることが続きます。多分、TOEICなんかにも出てくると…

something (else) / 大した人・物

something (else)は通常「何か(他の)」という意味ですが、会話だと、たまに表題の「大した人」の意味で褒めるのに使われる事があります。正確には「大した」ではなく「何か普通とは違う」「何か持ってる」という感じだと個人的に感じますが、いずれも文脈…

buy / 信じる、受け入れる

これは非常に面白い表現ですが、相手の話を信じる・受け入れるのを、英語では”売り買い”に例えるんですね。相手の信じられない話の後、「I'm not buying it.」と言ったら、「それはちょっと信じられないな」ということです。そう考えると、逆に、sellに「人…

Ew, Ew, Ew, Ewwwランキング

Ewは海外ドラマを見てれば1エピソードに大抵1回は出てくるお馴染みの「キモい」を意味する表現ですが(発音はィウ)、今回はEwがたくさん使われたシーンをランキング形式でピックアップして、何がEwなのかを見てみたいと思います。 第3位:ゴミ捨て場のゴ…

ドラマの中のlook forward to + 動詞の原形

look forward toは楽しみに待つという意味ですが、受験生にとっては、toが前置詞のためこの後に続く動詞が動名詞になることで有名かもしれません。テストで動詞の原形を選択して間違った思い出がある方も多いのでは。でも本当にいつでもそうなのか、とふと疑…