ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

Gotham

シェイクスピアの英語2:What's done is done. / もう終わってしまったことだ。

Words and Phrases Coined by Shakespeare シェイクスピアの続き。今回は、What's done is done. (もう終わってしまったことだ)。へえ、こんな定番表現もシェイクスピアですか。かなり意外。太古の昔とまでは言わないでも、聖書なんかにはありそうな教訓っ…

on one's way / 出掛けるところで

on one's way は「途中で」と学校で習ったので、A地点とB地点の中間を移動してるイメージですが、実は「A地点にまだ居てB地点にこれから行く」ことを表現できるのが面白いところ。よくあるのが、FBI捜査官が夜寝てると(これからいざ情事という場合も)、事…

bad news / 厄介者、要注意人物

海外ドラマではgood newsとbad newsのどちらを先に聞きたい?と問うのはよくあるシチュエーションなんですけど、ここの意味はもちろん、良い知らせと悪い知らせですね。でも、bad newsには別の意味「厄介者」があるのが興味深いところ。あいつはbad newsだと…

history / 過去の人・もの

You are history. と言われたら、喜ぶべきなのでしょうか、悲しむべきなのでしょうか。historyを歴史と取れば、なんか褒められている感じがしますが、実はこれ、お前は過去の人・無用、という意味なんですね。ということで、なんと悲しむ方でした。では実際…

over my dead body / 俺の目の黒いうちはさせない、やりたきゃ俺を倒してからにしな

over my dead bodyは文字通り訳せば「俺の死体を乗り越える」、つまり、「やりたきゃ俺を殺していけ」、つまり、「俺は死んででもそれを阻止する」という相手がこれからやろうとすることを絶対実現させない決意表明的に使われます。使われ方は、未来形で、 I…

soul / (かわいそうな)人

soulは「魂」の意ですが、時々、事件や事故、悲劇なんかに見舞われたような「(かわいそうな)人」を表すことがあります。soulだけでも可哀想の意味が入っていますが、poor soulという使われ方が典型的。単なるpersonでなくsoulと言われると、なんかドラマチ…

a little bird vs. a little birdie

a little birdはa little bird told meの形でたまに使われる、噂話を誰かから聞いたことを意味する表現です。使われ方は以下の感じです: A little bird told me you and she have been friends for a while. Gotham/Season 1/Episode 12 ここでは明らかに、…

bloody / ひどく

American EnglishとBritish Englishの違いって色々ありますけど、最近気づいたのがこのbloodyをBritishは強意語としてよく使うこと。アメリカのドラマでは全く聞かない表現なので、使ってる人はBritishかBritishの振りをしているアメリカ人ということになる…

ladies and germs = ladies and gentlemen

ladies and germs - Wiktionary ladies and germsはladies and gentlemenを面白おかしく言ってるだけの表現。男どもをgerm=ばい菌に例えているのが面白い。でも、結構辛辣な響きもする感じなので、実際のドラマのシーンで使用例を確認したいと思います。下手…

reckoning / 報い、罰

reckonと言えば、ブリティッシュやオーストラリア英語で「思う」として使われるイメージですが、だからアメリカドラマではそれほど見かけない感じですが、そのing形の名詞reckoningはたまに目にします。そしてその意味が「報い、罰」というなんか怖そうな響…

leprechaun / レプラコーン【想像上の生き物1】

leprechaunは日本語ではレプラコーン。と言っても、全然馴染みがないのでよく分かりませんね。RPGゲームなんかには出てくるのかな? いずれにせよ、辞書によればアイルランドの伝説の妖精で、靴屋の小さな老人が典型的なイメージだそうです。この妖精は宝の…

spice up / ひと味添えて面白くする、刺激的にする

料理を作ったけど味が何か物足りない。そこで調味料を追加するっていうのはよくある光景。日本人なら醤油でしょうか? そんなアクションを表す句動詞がspice upですが、ドラマでその文字通りの意味で使われることはあまりない気がします。比喩的に、ツマラナ…

graduate from vs. graduate

Grammar Girlというポッドキャストがあるのはご存じでしょうか。英語文法のかなりニッチなところをフォーカスしたポッドキャストです。先日All Ears Englishポッドキャストを聞いてて、takeとbringの違いを説明するのにGrammar Girlの説明をそのまま流用して…

Having said that / そうは言ったものの

(追記:同じ意味を持つ表現の記事を書きました) that being said / そうは言ったものの - ドラマの中の英語 Having said thatは、自分が直前に言った意見に対し、譲歩・引く・逆の意見を言う時の表現。あるいは、話している最中に自分の理論に欠点を見つけ…

別れの分だけ”さよなら”もある

さよならをグッドバイだけでは太宰もうかうか墓場で寝てられません。というわけ(?)で、ドラマで使われた別れの挨拶を集めてみました。皆さんの表現の一つに入れてみてはいかがでしょうか? so long あまり見慣れないこの表現を最初に認識したのは、映画”…