ドラマの中の英語

The name of the game is communication

Grammar

It's high time that + 過去形 / とっくに〜する時期だ

It's high timeの構文は、that節が過去形になると習った記憶があります。だから、間違わないようtoを使ったほうが良いとかなんとか。しかしここ最近、海外ドラマを視聴していたら、立て続けに現在形のパターンが出てきて、調べたら現在形のセリフが他の番組…

me too vs. you too

英語を勉強し始めた時って、"me too"は一応知ってるわけです。そして、それしか無いと思ってます。ですから、いきなり"you too"ってのが出てくると、最初は相当混乱しますよね。自分も頭の中?マークで埋め尽くされました。実際海外ドラマを見ていても、"me …

more safeに見る口語での文法のいい加減さ

海外ドラマなんかの口語では、文法なんてお構いなしなんですけど、どのくらいお構いなしかをこのmore safeを使って見てみたいと思います。はい、通常はsaferですね。でも強調してmoreになるんだよなー。では、実際使われている場面を見てみましょう。誰が喋…

to不定詞意味上の主語(of + 人、人の性格) ってどうなのよ?

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合 - ドラマの中の英語 ちょっと前に、動名詞の意味上の主語の記事を書いたので、今回はto不定詞の意味上の主語(of + 人、人の性格のパターン)を考えていきます。多分学校では、通常はforにして、…

ドラマの中の残念なno sooner than構文

no sooner... than... は「〜するや否や」という意味と共に、倒置が発生することで有名な構文です。しかし、ドラマの中ではあまり使われる構文ではありません。ライティングで主に使われる感じでしょうか。それでも、調べたところ10件ほどヒットしましたの…

導入のthis

話者が物語を述べていて、新たに人や物をその話に導入する際に、thisを付けて導入することがしばしばあります。日本語でなんというのかわからないので、取り敢えず「導入のthis」と呼んでおきます。「昨日スタバ行ったんだけどさ、席に座ってコーヒー飲んで…

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合

海外ドラマはコスパ最強かつの最短経路の英語勉強だと思ってますが、問題は自分の脳が会話に超最適化されてしまう点。海外ドラマ脳とでも呼べばいいのか・・・。それをつくづく感じるのが、動名詞の意味上の主語を所有格にするか目的格か。つまり、 my doing…

ドラマの中の死んじゃった構文

「彼は3年前に死んだ」を数通りに言い換える死んじゃった構文がありますが、海外ドラマでの使われ方を見てみました。実際使われているのかどうか。使われる頻度を5段階に分類してみました。5が「超使われる」で、1が「ほぼ0」です。動詞は任意の動詞で…

ドラマの中の"A is to B what C is to D."構文

受験シーズン、受験英語ということで、何故か昔習った記憶が全く無いA is to B what C is to Dの構文が海外ドラマの中で使われているか調べてみました。この構文の意味は「AとBの関係はCとDの関係と同じ」。数学のA : B = C : Dです。この長ったらしい言い方…

try vs. try to

受験シーズン真っ盛りというわけで、本屋で参考書を眺めてみたんですが、すっかり忘れていることがたくさんありました。以前クジラ構文を調べたことがあったので、 ドラマの中のクジラ構文 - ドラマの中の英語 その延長でなにか面白いネタは無いかな?と探し…

ドラマの中のクジラ構文

皆さんはクジラ構文なるものを御存知でしょうか?受験英語で出て来る有名な構文です。 A whale is no more a fish than a horse is. クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じ。 というクジラで始まるものです。こんな構文日常会話で使う訳がない、小説とか…