ドラマの中の英語

The name of the game is communication

Orange is the New Black

to不定詞意味上の主語(of + 人、人の性格) ってどうなのよ?

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合 - ドラマの中の英語 ちょっと前に、動名詞の意味上の主語の記事を書いたので、今回はto不定詞の意味上の主語(of + 人、人の性格のパターン)を考えていきます。多分学校では、通常はforにして、…

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合

海外ドラマはコスパ最強かつの最短経路の英語勉強だと思ってますが、問題は自分の脳が会話に超最適化されてしまう点。海外ドラマ脳とでも呼べばいいのか・・・。それをつくづく感じるのが、動名詞の意味上の主語を所有格にするか目的格か。つまり、 my doing…

not mean to be mean / 意地悪するつもりじゃない

I mean it. / 本気(マジ)だから。 - ドラマの中の英語 ドラマを英語で視聴する上で押さえなければいけない動詞ベスト10を選んだら、絶対入賞するであろう動詞、それがmean。そして、meanの持つすべての意味が会話でよく使われるという意味においても、意…

cut someone some slack / 大目に見る、勘弁する

このイディオムはテストなんかには出ないと思うけど、海外ドラマでは、つまり日常会話では非常に使われる表現。体感だと5エピソードに1回くらいの割合で出て来る気がするほど。なんでこんなに使われるのかわからないけれど、海外ドラマを見るのに最初の方…