ドラマの中の英語

The name of the game is communication

Ozark

bitch / 厄介なこと、嫌なこと

動詞のbitch - ドラマの中の英語 以前、bitchの動詞形を見てみたことがありました。口うるさくガミガミ言う感じですね。そこで今回は初心に戻り、みんな大好き(?)bitchの名詞形を見てみたいと思います。ただし、もう既に日本語化した「ビッチ」にある「尻…

Ozark: Season 2

そう言えば、Ozarkのシーズン2がいよいよですね。ネトフリで今月末からとか。湖の畔の町オザークでカルテルの資金洗浄を行う主人公。しかし、地元のドラッグ元締め一家がカルテル側の担当者を殺してしまって話は複雑に・・・、というのがシーズン1だったか…

snowball / 雪だるま式に増加する

洋の東西を問わず、最初小さい雪玉が坂を転げ落ちるうちに大きく成長するイメージは共通のようです。しかし、日本語では「雪だるま式に増加」と雪だるま(snowman)を使い、しかも副詞として増加を形容しているのに対し、英語はsnowball一語で動詞になるのが…

The rest is history. / 後は知っての通り。

The rest is history.が使われる典型的パターンは、有名な話をしていて、ある時点まで来た時にそれ以降の物語はみんな承知してる時でしょうか。the restでその話の残りの部分を指し、histroyで歴史になってる=みんな知ってる、という感じだと思います。例え…

agree to disagree / 見解の相違ということにする

agree to disagreeもドラマにはよく出てくる表現の一種。toを不定詞と思えば、disagreeすることをagreeする、となって表題の意味っぽくなります。日本ではあまり聞かない類の表現のように思いますが、やはり同調圧力の強さが原因でしょうか? それではドラマ…

come for / 身柄を押さえる

come forは簡単な単語ながら響きが相当怖い句動詞。なにせ身柄確保ですから。深夜に覆面黒尽くめの男たちが窓から侵入してくる怖さがあります。当然ながら脅迫する際に使われます。チンピラ、マフィア、警察なんであれ。どんなシチュエーションで誰がガラ押…

101 / 初級講座

101は大学で最初に受ける基礎コースの番号から、初級講座を意味します。発音はワン・オー・ワンですね。よく使われるパターンは、何かを説明する時に○○101とするなど。これは実際の使われ方を見れば分かります。 Ozark 自分がメキシコカルテルのマネーロンダ…

Ozark

Netflixなどのオンラインストリーミングサービスが独自コンテンツを作り始めている今日このごろ。しかも、ネットドラマと侮るなかれ、昨今はレベルが高いものが多い。以前紹介した80年代女子プロレスリングをフューチャーしたGLOWもそうだし、今回紹介する…

take a leak

今日のネタはtake a leak。これも結構海外ドラマで聞く表現。どんな意味か分かりますか? Breaking Bad 安酒場で仕事のストレスのはけ口を酒に求めたハンク。そこに居たクスリを所持していそうな若者二人を絞り上げるのを同僚のゴメスに止められます。渋々酒…