ドラマの中の英語

英語話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

The Big Bang Theory

elephant in the roomって?

elephant in the roomは有名なイディオムで、「みんなが気付いているけど敢えて避けている問題」の意。部屋の中の象?? これだけだと分かったような分からないような。実際のドラマでの"elephant in the room"の使われ方を確認してみましょう。 The Office …

What's wrong with you? と What's wrong? の違い

What’s wrong with you? と What’s wrong?。違いはwith youの有無だけですが、間にマリアナ海溝より深い溝があるということが巷では盛んに言われています。しかし、実際どのくらいの違いなのかはネイティブでない我々には皆目見当も付きません。そこで、ドラ…

Untranslatable Word(2) Whimsy / Spam

前回の続き。 Untranslatable Word(1) Serendipity / Gobbledegook - ドラマの中の英語 今回は、あれ?こんな単語が?というのを2つ。ちなみにこの調査はToday Translations, June 2004ということなので、そうとう昔、インターネットが大衆化したくらいの年…

Agree以外の賛成表現

賛成するのにagreeだけではちょっと物足りないと感じているそこのあなた。今回はそんなあなたにピッタリ、ドラマでも頻繁に使われる同意を表す口語表現を3つ程紹介します。知ってる英単語なのでめっちゃ簡単、すぐ使えること請け合いです。 amen to that エ…

ドラマ内でのヨーコ・オノ

コメディでいじられる有名人の中でヨーコ・オノは別格でしょう。ジョン・レノンとのコンビネーションは何か深い意味を持っているみたいで、結構な数の言及があります。全体的にはネガティブなイメージになってます。 Gilmore Girlsでのイジられ方 ローレライ…

nauseated vs. nauseous

nauseousは吐き気を催すですが、英辞郎に面白い情報が載っていました。いわく 伝統的な文法家はこの用法を誤りとして、nauseatedを正用と考える人もいるが、むしろこのnauseousの方が一般的である。 英辞郎 ドラマでどう使われているか、早速調べてみましょ…

君が正しいのかも・・・

ドラマで頻繁に聴くこの譲歩の表現は日本ではなかなかないですよね。使われる頻度をDBで検索すると共に、どんな感じで使われるか見てみましょう。 you might be right(13件) The Big Bang Theoryシーズン9では、ベガスでの電撃結婚後すれ違いで関係がギク…

Out of the Box 独創的に考える

out of the boxのboxは箱っていうよりも既成概念、固まってしまった枠という感じでしょうか。その外ということなので、独創的とか形にとらわれないという意味になるのは、すごく納得感がありますよね。今回はこの表現がドラマでどう使われているか見ていきま…

Without further ado 本題に入りましょう

シェイクスピアってよく引用されるけど、手元のDBで恋のから騒ぎでおなじみのMuch ado aboutを検索したところ、意外や意外0件という結果。adoつながりでWithout further adoを検索すると、それに反してこっちはよく使われているみたい。このニュアンスは、…

意味を知ればナルホドな英単語・表現

意味を知れば、ああそういう意味だったか納得、となる簡単な英単語が結構有ります。今回はそれをドラマで実際使われたセリフと一緒に紹介していきます。事前にどんな意味か推測するのも面白いですよ! moonlight 最初は名詞で「月光、月明かり」。これが動詞…

wayのちょっと意外な使い方

ドラマを観てるとwayが「すごい」、「とても」と言ったように副詞で使われることが頻繁にあります。特にtooに重ねて強調するのが多いみたい。比較級だって強調できる。この用法ってあまり文法書とかに載ってないよね(多分informalで口語かな?)、というわ…

ドラマで使われるちょっとHな英単語集2

続き horny 好色な 要はH好きってこと。なんかオラ、ムラムラしてきた、というシチュエーションでも使える。しかし、horn[角]が何故この意味を持ち始めたのか。疑問は尽きない。 Because being pregnant makes Liz incredibly horny. From GG S07E02 incestu…

ドラマで使われるちょっとHな英単語集1

ここでは今までドラマを観てる中で集めたちょっとHなボキャブラリーを紹介。基本的に、試験などには出てきませんし、writingで使うことも無いとは思いますが、ドラマの15禁くらいで使われそうなものです。 kinky (性的に)変態の、倒錯した kinky sexってな…

ドラマで英語のお勉強[24日目] Advent Calendar 2015

英語試験に出る単語もあるある 意外と試験に出るような単語もドラマには頻繁に出てきますので、最終日は前回の英検1級(2015年度第2回)のボキャブラリーで出てきた単語が使われているシーンでシメたいと思います。 detrimental、有害な 14. Although …

ドラマで英語のお勉強[23日目] Advent Calendar 2015

スターウォーズであるある 今日は劇場でスターウォーズ観てきました。今まで一度も観たことがなかったので、ところどころ筋が把握できない箇所がありましたが、概ね満足の映画でした。日本語字幕だったので英語の会話の方に集中していましたが、キャッチでき…

ドラマで英語のお勉強[21日目] Advent Calendar 2015

◯-wordであるある 直接的な表現を避けるため、◯-wordという表現をたまに聞きます。◯にはある単語の頭文字が入るようです。そのなかから有名なのを今回は紹介。 L-word、愛の言葉 ドラマの中でよくあるシーンの一つが、「I love youと言われたけど、唐突だっ…

ドラマで英語のお勉強[20日目] Advent Calendar 2015

話し始める前にであるある 日常会話では、話し始める前に”これからおれがしゃべるから聞いてくれ”的な表現がよくあります。そんな中から今日は2つ紹介。例を見れば一目瞭然、どのドラマにも必ず出てくるものばかり。 Look.、いいか、考えてごらん 最初はLoo…

ドラマで英語のお勉強[18日目] Advent Calendar 2015

簡単な単語の組み合わせであるある 誰でも知っている単語の組み合わせで色々な表現ができるのも英語の魅力。小難しい単語を覚えなくとも、さらっとこういう単語が使えると嬉しいですね。 heads up、注意喚起 これも非常によく聞く表現。深刻なことじゃなくち…

ドラマで英語のお勉強[17日目] Advent Calendar 2015

地名であるある ドラマを観てると、地名が意外な意味を持っていることがわかって面白かったりします。中国(china)・日本(japan)もそうですね。 shanghai、人を騙して無理やり水夫にする 上海にこんな意味があるなんて。上海の人は怒ってもいいかも。昔は…

ドラマで英語のお勉強[15日目] Advent Calendar 2015

句動詞であるある ドラマリスニングの最難関、句動詞です。もうありすぎて、しかも小難しい動詞よりも句動詞で表現することが多いので、さらに意味もたくさんあるしで、大変。それでもよく聞くフレーズを紹介。 buckle down、仕事に精を出す The Big Bang Th…

ドラマで英語のお勉強[13日目] Advent Calendar 2015

rhymeが気持ち良い英単語であるある どことなく子供っぽい響きだけどドラマでよく出てくる単語を紹介。思わず口ずさみたくなること請け合い?! nitty-gritty /nítiˌgríti/、問題の核心、本質 核心を言うにはそれこそcore、root、focalだったりで言えるわけ…

*Spoiler Alert* シェルダンとエイミーがキス??

最新話のThe Big Bang Theory(ビッグバン★セオリー)でシェイミー(シェルダンとエイミーの意)がキスしてる!! これで、シェルダンが博士の愛した数式よろしく記憶を失っていく設定なら、エイミーはもちろん、視聴者号泣まちがいなしだね。 bigbangtheory…

ドラマで英語のお勉強[12日目] Advent Calendar 2015

女性を表す表現であるある ballbuster、高圧的な女性 男性諸氏にとっては、なんか痛い感じに聞こえるこの単語。 ballをbusterする人だそうです。 The Big Bang Theory シーズン6 エピソード10からは、ハワードと婚約者バーナデットの父親のマイクとの会話…

ドラマで英語のお勉強[11日目] Advent Calendar 2015

2ワードであるある 2ワードを抜かしていたので。。 fair enough、まあ、いいだろう この表現はどんなドラマにも頻繁に出てきます。100%までいかないけれど、まあ受け入れることはできる、とりあえずOK、というちょっと折れた感じの表現。実際の使われ方を…

ドラマで英語のお勉強[10日目] Advent Calendar 2015

仮定法であるある 教科書の中では仮定法は最後に出てくるラスボス感がありますが、ドラマの中ではごくごく普通の表現。もし◯◯だったら・・・や、あの時◯◯していれば・・・なんて通常の感情表現の一部ですよ。特に後者は、視聴者もストーリーがわかっているの…

ドラマで英語のお勉強[9日目] Advent Calendar 2015

3ワード表現であるある 今回はついにネタが切れましたので、3ワードでよく聞く表現をご紹介。4,5,6と増やしていく戦略でページ増。 speaking of which、そういえば speaking of ...で〜について言えば、という意味なのは有名ですが、ドラマの中だとあ…

ドラマで英語のお勉強[8日目] Advent Calendar 2015

チェス用語であるある さすが西洋だけあって、チェス用語も普段の会話に頻繁にでてきますね。Person of Interestでは劇中実際指してるし、The Big Bang Theoryでは3Dチェスしてますからね。ここではその中でもよく出てくる用語を紹介します。 impasse /ímpæs…

ドラマで英語のお勉強[7日目] Advent Calendar 2015

この単語こんな意味もあったの?であるある ドラマを観ていると教科書に載っている単語なのに全く意味が取れないことがよくあります。別の意味を持っているからなのですが、逆に教科書の意味で出てくることが稀だったりして面白いですね。 shrink /ʃríŋk/、…

ドラマで英語のお勉強[6日目] Advent Calendar 2015

形容詞あるある 試験には出てこないけど、ドラマに頻繁に出てくる形容詞(-y)を紹介していきます。 cheesy /tʃíːzi/、安っぽい、低俗な、あからさまに本物でない 最初は、チーズから来たcheesy。”チーズの”という意味ももちろんありますが、ドラマでは頻繁に”…

ドラマで英語のお勉強[5日目] Advent Calendar 2015

文頭、副詞句であるある スピーカーが話し始める最初に添える副詞句で、ドラマに特有の2つの表現を紹介。 for starters、まずは、まずはじめに 教科書なんかだと、first of all、first(ly)、first off、first and foremostとか載ってるんですが、こういった…

ドラマで英語のお勉強[3日目] Advent Calendar 2015

1ワードの決まり文句であるある たったひとつの単語なのに会話でよく使われる表現がありますのでご紹介。 ta-da /tɑːdɑ́ː/、ジャジャーン 何かをみんなにお披露目するときに使う表現。典型的な状況は、何かが布の下に隠してあって、布の覆いを取る瞬間 ta-d…

ドラマで英語のお勉強[2日目] Advent Calendar 2015

数字関連イディオムであるある 個人的に数字が好きなので、英語でも数字を使った表現は割と好き。なぜその数字なのか、例えば次の表現では、何故1足す1で2じゃないのか、とか疑問だらけ。 put two and two together (, and make four)、既知の事実から推…

ドラマで英語のお勉強[1日目] Advent Calendar 2015

ラテン語などの表現であるある 前口上 ドラマ見て英語勉強する方法って簡単だし、楽しめるし、より多くの感覚を使うので上達も早いし、疲れれてもできるから個人的に超オススメなんですけど、何故か日本人ってやりませんよね。何言ってるのかさっぱり、身に…

英語学習教材としてのThe Big Bang Theory

9ヶ月ほどの海外滞在中にシットコム「The Big Bang Theory」を全シーズン通して三回(最初の二回は英語字幕、最後は字幕なし、計600エピソード?)観ましたが、英語の勉強に本当に良い教材でした。今、新しいシーズン9が始まっている最中ですが、非常に…