ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

The Mentalist

skywrite / 空に文字を書く

日本語だと一語で言えるのに英語だと説明的に長くなってしまう単語ってありますよね。武者震いとか。しようがないとか。文化的にそういった概念がないのだからしようがないのですが、実は逆もしかりです。そんな英語で一語で言えるのに日本語だと長くなって…

there, there / よしよし

周りに落ち込んでいる人が居たら慰めてあげたいもの。そんな時に使えるのがこの表現there, there。ちょっと子供っぽい響きというか子供に対して肩を抱いたり背中を擦って”よしよし”とするパターンが多いですが、大人に対しても普通に使われています。人との…

certifiable / 精神異常と認定可能な

頭がおかしい系のボキャブラリーの中でcertifiableはかなりの異色。certifiableは単に”認定可能な”的な意味で認定されるものなら色々適用されそうですが、なんと”精神異常と認定可能な”という超特殊な意味もありました。医学的認定できるくらい狂ってるって…

フルーツケーキ、変人、ホモ

タイトルのフルーツケーキ、変人、ホモを意味する英単語はズバリなんでしょうか? はい、fruitcakeですね(笑)。ここで、fruitそれ自体に変人、ホモの意味があるみたいです。こういう一般的な名詞に予想外の意味があると瞬時に意味が汲み取れません。「お前…

to the max / 超〜、最高に

先日女子向けコミックLumberjanesを見ていたら出てきた表現to the max。意味は単語から分かりますが、念のため英辞郎で調べてみると「超〜」と訳してありました。超は日常で使わない日はないくらいメジャーな表現になってますよね。そこで、どのドラマで誰が…

You have a tell.

よく英語勉強本に基本英単語1000をマスターすれば(ドラマ)英語は9割理解できるとかあるんですが、これって統計を悪用した眉唾だと昔から思ってます。結局全体のテキストを英単語に分解して、その9割は単純な単語だとやってるわけです。でもよく考え…

X and O

XOと聞けば中華調味料のXO醤を思い出す人がほとんどでしょう。あるいはマルバツゲームかな。でも英語でXOはまた違った意味があります。メールや手紙の中で、X=キス、O=ハグの意味で使われます。Xは昔からあって、XXXでチュッチュッチュッになる感じ。Oがその…

ドラマの中のクジラ構文

皆さんはクジラ構文なるものを御存知でしょうか?受験英語で出て来る有名な構文です。 A whale is no more a fish than a horse is. クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じ。 というクジラで始まるものです。こんな構文日常会話で使う訳がない小説とかに…

Out of the Box 独創的に考える

out of the boxのboxは箱っていうよりも既成概念、固まってしまった枠という感じでしょうか。その外ということなので、独創的とか形にとらわれないという意味になるのは、すごく納得感がありますよね。今回はこの表現がドラマでどう使われているか見ていきま…

ドラマで英語のお勉強[22日目] Advent Calendar 2015

Hey, Dudeであるある 完全にネタ切れですが、Dudeは頻繁に聞く機会の多い単語。意味は、おまえ・やつ、ですね。同様の言い方にmanもあります。映画・ドラマではお馴染みです。下記のNow I Knowに最近この単語の出処が判明したという記事がありましたので、今…

ドラマで英語のお勉強[4日目] Advent Calendar 2015

動物イディオムであるある 動物を使った表現はたくさんありますが、その中から面白いのを本日はご紹介します。 dodo /dóudou/ ドードー鳥 ドードーは既に絶滅してしまった大型の鳥。そこで dead as a dodo(ドードーと同じくらい死滅した) やgo the way of …

ドラマで英語のお勉強[3日目] Advent Calendar 2015

1ワードの決まり文句であるある たったひとつの単語なのに会話でよく使われる表現がありますのでご紹介。 ta-da /tɑːdɑ́ː/、ジャジャーン 何かをみんなにお披露目するときに使う表現。典型的な状況は、何かが布の下に隠してあって、布の覆いを取る瞬間 ta-d…