ドラマの中の英語

The name of the game is communication

The Mindy Project

接尾辞 -ish / ○○っぽい、○○のような、およそ○○

接尾辞 -ishに表題の意味があるのは、実際の英単語を見れば一目瞭然。boyish / 男の子らしい、これなんかまさにそうですね。本当の男の子じゃないけど男の子っぽい、と言う感じ。しかし、これだけに留まらないのが英語の魅力でもあり、面倒臭いところでもあ…

Just because A doesn't mean B. / AだからといってBというわけではない。

今回紹介するのは、Just because A doesn't mean B.。相手が持つ偏見とか、性急な結論を訂正するときなんかに使われます。例えば、彼が黒人だからといって脚が速いわけではない、とか。君の父親が政治家だからといって君が偉いわけではない、とか。宇宙が広…

bad news / 厄介者、要注意人物

海外ドラマではgood newsとbad newsのどちらを先に聞きたい?と問うのはよくあるシチュエーションなんですけど、ここの意味はもちろん、良い知らせと悪い知らせですね。でも、bad newsには別の意味「厄介者」があるのが興味深いところ。あいつはbad newsだと…

history / 過去の人・もの

You are history. と言われたら、喜ぶべきなのでしょうか、悲しむべきなのでしょうか。historyを歴史と取れば、なんか褒められている感じがしますが、実はこれ、お前は過去の人・無用、という意味なんですね。ということで、なんと悲しむ方でした。では実際…

soul / (かわいそうな)人

soulは「魂」の意ですが、時々、事件や事故、悲劇なんかに見舞われたような「(かわいそうな)人」を表すことがあります。soulだけでも可哀想の意味が入っていますが、poor soulという使われ方が典型的。単なるpersonでなくsoulと言われると、なんかドラマチ…

my two cents / 価値のない考え、愚見

two centsは文字通り取れば2セント。ほとんど価値のないものですね。でも日常会話では、そこから転じたのか、価値のないアイデア・意見を指します。へりくだってる感じがしますね。インターネットでは、ユーザーが何かを批評する際に、これはmy two centsだ…

Excuse me.(↗) / もう一回言ってみな。何だって?

Excuse me.は「すみませんが」とか「失礼」と言った意味で、礼儀正しい会話では必須の表現。しかし、海外ドラマだと、もう一つの「もう一回言ってみな」の意味があります。これは、相手が何かあなたを不愉快にするムカつかせる発言をした時に使う表現。「も…

person-to-person / 一対一で、直接

これってあちらの文化なのかもしれませんが、一対一で話し合えば絶対分かり合える、という信念みたいなものがあるみたいです。そんなことを表現する際、この person-to-person が非常によく使われます。この表現が面白いのは、例えば、女性同士なら woman-to…

ドラマの中のエイプリルフール

エイプリルフールって日本では、ネットで嘘ニュースが飛び交ったり、職場の同僚が明らかに嘘とわかる話をしてきたりというのがほとんどだと思いますが、しかし、海の向こうではどんな感じで受け止められているのかはちょっと想像つかないですよね。日本と全…

buy / 信じる、受け入れる

これは非常に面白い表現ですが、相手の話を信じる・受け入れるのを、英語では”売り買い”に例えるんですね。相手の信じられない話の後、「I'm not buying it.」と言ったら、「それはちょっと信じられないな」ということです。そう考えると、逆に、sellに「人…

ドラマの中のFriends(1)

Friendsと言えば、今でも多くの新規ファンを獲得し続ける化物シットコムなのは言うまでもないでしょう、ちょっと古臭く感じる点がないわけじゃないですが。最近も、フィービーの中の人がインタビューで、偽物のFriends Movie Teaserが数千万のビューを獲得し…

ドラマの中のUber

言語は日々変わっていくもの、ということは理解していても、実感はなかなかできないものです。変化は着実に起こっていても緩やかなので、把握が難しいですから。でも、このuberという単語の最近の使われ方をみると、意外と実感できるものなのかもしれません…

ドラマの会話で英語の勉強【owe】

海外ドラマの中の会話自身が英語の教科書から出てきたような文法等の英語の解説になっていることがたまにあります。そんな会話を紹介します。今回はoweについてです。oweは日本語でも「(義務を)負う」という偶然「おう」つながりになっていることで有名な…

random / 普通じゃない

randomと聞けば、デタラメのとか、ランダムという意味を思い浮かべます。後者のように既に日本語にもなっています。しかし、この”デタラメ、乱雑、パターンがない”という意味以外に、”普通じゃない”という意味があることはあまり知られてないと思いますので…

chemistry / 相性

chemistryは化学という意味で学校では習ったかと思いますが、意外や意外、人の間の「相性」という意味で日常会話では使われます。There is a chemistry between us. と言ったら”二人はいい感じ”というわけ。何か目に見えない化学反応があるということなんで…