ドラマの中の英語

The name of the game is communication

The Walking Dead

噛んだりしないから

biteにはいろいろ面白い使われ方があって、Bite me.でムカつくとか、It bites.で最悪ーとか言った表現はいつか紹介したいのですが、今回はS don't bite.の噛んだりしないから。はい、そのまんまですね(笑) 海外ドラマでは相手が躊躇したりや怖気づいてる時…

接頭辞out- / 〜を上回る、凌駕する

接頭辞out-は動詞にくっつくことで、「〜を上回る」の意味が付与される意外と便利な表現。ゲームのRPGで例えるなら、身につけることで特殊能力が付与されるアクセサリな感じ。炎への耐性が付いたりするのありますよね、ってRPGゲーム知らないと分からないか…

me too vs. you too

英語を勉強し始めた時って、"me too"は一応知ってるわけです。そして、それしか無いと思ってます。ですから、いきなり"you too"ってのが出てくると、最初は相当混乱しますよね。自分も頭の中?マークで埋め尽くされました。実際海外ドラマを見ていても、"me …

black sheep / (グループ内の)厄介者・面汚し

black sheepはそのまま訳せば「黒い羊」ですが、比喩的にある特定グループ(家族等)内の厄介者・面汚しとして使われることがあります。今で言えば、世間様にはお見せ出来ない引きこもってる身内とかでしょうか。実際ドラマでどんな人達がblack sheepのラベ…

worst case vs. worst-case scenario

以前から気になっていたのが、このworst-case scenario。最悪の事態を表すだけならワーストケースだけで良さそうなのに、シナリオまで付くので結構耳につくんですよね。しかも色々なドラマでよく使われる表現です。違いがいまいちよく分からない。出てくる度…