ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

ドラマの中の飲み屋関連用語

パブ・ナイトクラブに繰り出すのも海外ドラマではよくあるシチュエーション。そこで、そんな時に使われる英単語3つをちょっと紹介します。 round / 酒をふるまうこと これはボクシングなんかでも使われているのでわかりやすい。乾杯して、みんなが酒を飲む…

GLOW シーズン2始まるよー

ネトフリオリジナルドラマGLOWのシーズン2の公開日は2018/6/29。いよいよ一週間を切ったわけで、主演してるAlison Brie等のメディアへの露出も増えてきた今日このごろ。そこで今回は、GLOWの紹介を兼ねて英語の勉強です。単なる紹介だけだとネトフリの回し…

swear to / 〜に誓う

「○○に誓って、俺は無実だ」なんて海外ドラマでは見慣れたシチュエーションですが、その際用いられる動詞がこのswearです。swear toで〜に誓う。ちなみに、swearには「悪態をつく」というかなり対極の意味もあるのが興味深いところ。だから、swear wordと言…

behind the wheel / 車の運転して、支配権を握って

behind the wheelという表現は3つの点で面白いです。まず、wheelが車のハンドルを表すこと。これは知らないと分からないな、と少し調べてみたら、どうもハンドルという言い方は和製英語のようですね。次に、behind。ちょっと目をつぶって想像してみて下さい…

whole / 完全に、全く

wholeって「全体」の意味は知られていますが、副詞で「完全に」の意味があるのは案外見過ごされがち。聞けばわかるんですけどね、会話で頻繁に使われるので。でもいざ自分が使うとなると咄嗟には出てこないもんです。ということで、海外番組等から使われ方を…

meh / 大したことない

Key and Peele - ドラマの中の英語 やばい、Youtubeが面白すぎて、このBlogのタイトルを「英語学習はYoutubeでおk」にしたくなってきた今日このごろですが、昔紹介したお笑いコント番組のKey and Peeleから、お笑いコント全訳と共に英語表現mehの紹介します…

Amazing Stories

Amazing Stories(世にも不思議なアメージング・ストーリー)はスティーブン・スピルバーグが監督を務めた30分のテレビドラマシリーズ。一話完結のオムニバスな作品で、日本で言えば「世にも奇妙な物語」に対応すると思う。1985年の作品のためか全体的に古…

The Year of Living Biblically

先日低評価番組を探していたときに見つけた★4.9コメディLiving Biblicallyですが、IMDbのレビューの中で次のようなことが言及されているのが気になりました: 原作はお薦めするけど、この番組は時間の無駄 原作は大好きだけど、この番組は大規模な修正が必要…

超低評価★4.0のStargate Originsを観てみた

雨降りの週末、戯れにIMDbで低評価な海外番組をチェックしてみると(★:5以下、言語:英語、放送:2017年以降)、出るわ出るわ。普段は目にも留めない番組タイトルがたくさん出てきました。通常、珠玉の作品だけが目に留まるのですが、その裏には大量の駄作…

ballpark / ざっくりの数字、概算

ballparkの文字通りの意味は野球場ですが、野球の文脈以外だと、この概算の意味で使われることが圧倒的に多い英単語です。ビジネスシーンなんかで頻繁に出てくる印象。例えば、1トンの原料を買うのにballparkでいくらになるか?なんてのが典型例ですね。3…

rainy day / いざという時

梅雨に入って体調管理が大変な時期になりました。梅雨といえば雨ということで、今回はrainy dayという表現を海外ドラマで見ていきます。save for a rainy day(いざという時のために備えて蓄える)という言い方もお馴染みですね。ちなみに、こういう梅雨→雨→…

ドラマの中の一人ボケツッコミ

皆さんは英語で笑いを取れるでしょうか? ファイルシェアで有名なDropboxは、今はわかりませんが、昔、採用条件の中の求める英語力を、同僚のジョークに笑えて同僚を笑わせることができる人、としてました。IELTSもTOEICでもないんですね。笑いを取れる英語…

gross / キモい

insane.hatenablog.com 以前、キモいことを「おぇ」と感嘆詞で表すewの繰り返し回数ランキング(上記)をやりましたので、今回はewと相当親和性がある形容詞grossの使われ方を海外番組で見てみます。この表現がよく使われるシチュエーションとして思い出すの…

ドラマの中の In some cultures, ...

今回はイディオムとか全く関係ないネタ。海外ドラマの中でたまにあるシーンで、In some cultures, ... と他文化の変な風習・伝統を紹介し、それに比べたらマシなんだから現状を受け入れろとか、そこに行けば君は生き神だと慰めるパターンがあります。世界に…

It's high time that + 過去形 / とっくに〜する時期だ

It's high timeの構文は、that節が過去形になると習った記憶があります。だから、間違わないようtoを使ったほうが良いとかなんとか。しかしここ最近、海外ドラマを視聴していたら、立て続けに現在形のパターンが出てきて、調べたら現在形のセリフが他の番組…

Good News と Bad News、どっちを最初に聞きたい?

昨日、厄介者という意味の bad news を紹介した時に、海外ドラマではよく表題のセリフが使われることをマクラで書いたんですけど、かなり気になったので、実際どっちを最初に聞きたいと番組内で言っているのか調査してみました。英語関係ねーー(笑)いつも…

bad news / 厄介者、要注意人物

海外ドラマではgood newsとbad newsのどちらを先に聞きたい?と問うのはよくあるシチュエーションなんですけど、ここの意味はもちろん、良い知らせと悪い知らせですね。でも、bad newsには別の意味「厄介者」があるのが興味深いところ。あいつはbad newsだと…

Evil Genius: The True Story of America's Most Diabolical Bank Heist

Evil Genius(邪悪な天才)はネトフリが渾身の力を込めて送り出したミニシリーズ番組。3時間があっという間に過ぎること請け合いの、雨の週末の時間つぶしにうってつけのドキュメンタリーだ。 ことは2003年に遡る。ある郊外の街での銀行強盗だ。その犯…

Old habits die hard. / 古くからの習慣はなかなか捨てられない。

die hard には、超有名映画の題名ででも分かる通り、「なかなか死なない」という意味があります。確かに、セクシーハゲことブルース・ウィリスは、劇中なかなかのタフガイだった記憶があります。そんなdie hardを使った有名な英語表現の一つが、この Old hab…

Be my guest. / ご遠慮なさらず。どうぞご自由に。

Be my guest. は、相手から何か依頼されたときの承諾の返事として使える表現「ご遠慮なさらず」です。文字通り訳せば「私の客になれ」ですから、まあニュアンスは分かる感じですね。ということで、早速海外ドラマでの使われ方を見ていきます。 Breaking Bad…

curveball / 予期しない事

curveballはその名の通り曲がるボールですが、野球のコンテキスト以外でも結構使われる英単語です。その意味は、「予期しない事」。つまり、ストレートボールを待っていたら、カーブボールが来た感じでしょうか。おっとっとと驚いてしまうのは必定。それでは…

history / 過去の人・もの

You are history. と言われたら、喜ぶべきなのでしょうか、悲しむべきなのでしょうか。historyを歴史と取れば、なんか褒められている感じがしますが、実はこれ、お前は過去の人・無用、という意味なんですね。ということで、なんと悲しむ方でした。では実際…

命令 + or else / さもないと大変な事になるぞ、わかってるんだろうな

命令文の後にorを付けると「〜しろ、さもないと〜」と言う意味になるのは中学生あたりで習うことですが、この or の後ろを具体的に述べないで else だけにすると脅迫の意味になることは、あまり知られていないかもしれません。しかし、日本語でも、「明日中…

I knew it. / やっぱり。そうだと思った。

I knew it.をそのまま訳せば「私はそれを知っていた。」ですが、海外ドラマなどの日常会話で使われるときはもっぱら、薄々ある事柄に感づいていて、その後その通りであることが判明した際に使われることがほとんど。例えば、友達二人の関係がなんか怪しく思…

Cobra Kaiを肴に記事振り返り

insane.hatenablog.com ベストキッドの30数年後を描いた作品Cobra Kai(コブラ会)いいですよね。エピソード1,2は既に10回は繰り返し観てしまいました。しかし、2,400円はなんか納得できてないので、先はまだ観ておらず・・・。この感情はどこから来る…

ドラマの中のabbreviation

abbreviationは省略形の意味。手紙の最後に P.S. と書いたことある人も多いと思いますが、実はこれがabbreviationの一例です。ちなみに、P.S.はpost scriptの略だそうです。へーへーへー。でも、これってライティング特有じゃないの?と思っていたのですが、…

動詞のbitch

bitchといえば「あま、くそばばあ」的な意味で、絶対使ってはいけない単語になってます。B-wordと言って、直接言及を回避することも多々ありますね。そんなこのB-wordですが、先日紹介した Cobra Kai - ドラマの中の英語 の無料の第一話と第二話を観ていたら…

pay the price / 代償を払う

pay the price は実際お金を払うわけではなく、行った行為に対して(後々)埋め合わせをすると言う意味。日本語の「代償を払う」と全く同じアイデアですね。学生時代に勉強しないと後で代償を払うことになるぞ、なんて典型的な使われ方。それでは、この表現…

Knock it off. / やめろってば。

Knock it off.は、いたずらなどのウザいことをされて、最初は我慢したけどとうとう堪忍袋の尾が切れたときに言うセリフ。「やめろってば」と嫌な顔して言えば、普通の神経してる人はやめるでしょう。しかし、ようやく反応したと嵩にかかってくる輩が少なから…

catch / 裏、罠、落とし穴

catchについてはいろいろ紹介したい表現があるのですが(catch-22とか)、ここではcatchそれ自体にフォーカスして、よく海外ドラマで使われる意外性のある意味を紹介します。それがこの「裏」です。と言っても、物理的な裏ではなく、話の裏と言う意味。例え…