ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

The Upturned Wing Tip of Soaring Birds

なんだ、このwas it designed?はエホバの証人のAwakeという雑誌のそういう名前の連載記事なんだね。ようやく把握。でも、タイトルから必然にサイエンス(工学・数学)関係になるので自分の好みだw

関係ないけれど、英語ではエホバとは発音していないな。どこの言葉から来たのかな、それとも日本でよくありがちな訳した人がゲフンゲフンだったのか? 最近見た映画で立て続けにエホバの証人をネタにした会話があったもので。他所の家を二人組かで訪問するシチュエーションで。コレは万国共通の作法なのかな? そもそもネタにしていいのかな? ソニーみたいにデータぶっこ抜かれないかな?

今回の英文は羽について。上昇するとき羽の先を上に曲げると色々良いことがありますよ、大型の鳥も同じことしてまっせという内容。子供の頃、紙飛行機作るときに曲げる派と曲げない派に分かれたけど(自分は後者)、曲げない派が異端だったなんて! でも、紙飛行機飛ばすとき上昇させる必要あるかね、コウノトリ君?

 

***今回の英文***


The Upturned Wing Tip of Soaring Birds | Was It Designed?

 

***今回の単語***

upturned 上を向いた

soar 上昇する

swirl 渦

vortex 旋風

drag 障害

buffet 吹き付ける

runway 滑走路

dissipate 消散する

stork コウノトリ

balance A with B AとBのバランスを取る

thrust 推進力

thus このように

facilitate 手助けする

emission 排出