ドラマの中の英語

英語話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

ラジオドラマで英語の勉強

ラジオドラマっていいですよね。ナレーターに個性あったり、音声だけで伝えるしかないので筋がわかりやすくなってたりして。効果音なども併せて自分の想像力をフル回転する感じ。これを英語の勉強でも使いたいのですが、いかんせんハードルが高い。自分の耳だけが頼りというのは辛い、しかも長時間。単語調べられないし。すぐ流れていくからいちいち日本語に翻訳してる暇がない!

そう思ってたところに子供向けのを見つけました。1時間四話。結構わかるのでリスニング力強化におすすめです。長時間集中して聴いてみると、結構疲れますね。普段の語学学習で使わない筋肉を使っている感じ。

へえ、vinegarに不機嫌って意味があるなんて。でも、奥さんもそう呼ばれてて可哀想w

最初の話はわらしべ長者の逆バージョンってとこかな。 

***今回の音声***


The Book of Virtues: A Radio Drama - YouTube