ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

ドラマで英語のお勉強[8日目] Advent Calendar 2015

チェス用語であるある

さすが西洋だけあって、チェス用語も普段の会話に頻繁にでてきますね。Person of Interestでは劇中実際指してるし、The Big Bang Theoryでは3Dチェスしてますからね。ここではその中でもよく出てくる用語を紹介します。

 

impasse /ímpæs/ 持将棋、手詰まり

チェスは日本の将棋と違って引き分けがよく起こります。後手の戦略は引き分けに持ち込むともいわれてるくらい。さて、ドラマではチェス自体ではなく、捜査などが行き詰まった状況を例えるのにこの表現がしばしば使われます。実際見ていきましょう。

次の引用は、The Big Bang Theory シーズン5 エピソード17より。引退教授の空いた部屋を賭けてシェルダンとクリプキーが鍔競り合い。シェルダン考案のRock, Paper, Scissors, Lizard, Spockで決着を着けようとするも、長い説明を3回繰り返したところでハワードにクリプキーの茶化しを示唆され、「どうやら僕らは手詰まりに陥ったようだね」とimpasseを使っていますね。

ク:One more time.
シ:Surely. Scissors cuts paper, paper covers rock, rock...
ハ:Sheldon, stop.
  He's screwing with you.
シ:Is he?
  Well, then, it seems we have reached an impasse.
  I see no other option than to challenge you to a duel.
  I'd smack you with a glove, but just last week, I packed away my winter things.
ハ:It's the 21st century.
  You can't have a duel.

The Big Bang Theory シーズン5 エピソード17

gambit /gǽmbit /序盤の手、開戦手段、ポーンを損する代わりに他で有利を得る戦略

The Big Bang Theory シーズン6 エピソード10では、バーナデットの父親と共通の話題がないというハワードに対し、アメリカのどの地点を真下に掘っても中国には出ないという話題を提供、でも思った以上に良かったので使用禁止とは・・・。自分の予定ことを聞かれたシェルダンは、エイミーの同僚の葬式でこのネタで会話の火蓋を切ることを宣言。曰く、いくらお墓を深く掘っても中国には到達できないよ、と。最後はダジャレでしめるシェルダン。さすが。 

シ:Uh, try this one for an ice-breaker.
  Uh, despite popular lore, there is no place in the continental United States, Alaska or Hawaii from which one can dig straight through the center of the earth and come up in China.
ハ:Great, thank you.
シ:Actually, you can't have that one either.
  It's too good. Sorry.
ラ:What about you, Sheldon?
  Do you have any plans tonight?
シ:Sadly, yes.
  Amy's taking me to a memorial service.
  It's for one of her colleagues who is of Asian descent, so my planned conversational gambit is to casually remark that no matter how deep they dig his grave, he'll never make his way back to China.
レ:That should lighten the mood.
シ:What can I say?
  I put the "fun" in funeral.

The Big Bang Theory シーズン6 エピソード10