ドラマの中の英語

英語話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

ドラマで英語のお勉強[14日目] Advent Calendar 2015

日本語のものと全く異なる発音であるある

ドラマ観てる時は音が命。聞き慣れない単語が出てくると途端に混乱待ったなし。ここでは、日本語ではおなじみでも、英語の発音ではだいぶ違う単語を見ていきましょう。

missile /mísl/、ミサイル

はい、カタカナ英語でミスルです。コレはミスりますね。

Supergirl シーズン1 エピソード2より次のシーン。スーパーガールとしてパブリックになり、自分のスーパーパワーで地球の平和に貢献したいカラ。どのくらいの潜在能力があるのか追尾ミサイルを避けたりしてテストしている最中、同僚のウィンから事件を聞きつけます。育ての親のアレックスは自重を求めますが、今まで隠し続けてきた自分の力を解き放ち人を助けることに意義を見出したカラを止めることはできません。この慢心が危機につながらなければいいのですが・・・

ウ:Supergirl. Come in, Supergirl.
カ:Winn, what is it? I'm kind of busy right now.
ウ:Kara, there is a huge fire raging down at the National City port.
  It is bad.
カ:All right. I'm on my way.
ア:Hey, you've been dodging missiles and pushing your endurance for the last two hours.
  Even you have your limits.
カ:For the last twelve years I hid who I was.
  I don't have to anymore.
  And I don't want to waste a minute of it.
  Besides, this sounds like a job for Supergirl.

(Supergirl シーズン1 エピソード2)

 

tomato /təméitou/、トマト

トメィトォウは有名ですが、一応日本風にトマトという人もいるみたいなので、The Last Man on Earth シーズン1 エピソード2から紹介。地球で最後の男なのに会話があるのが不思議ですが、なんやかんやでフィルは女性のキャロルに出会ったのでした。この女性がフィルが想像していた以上の性格や年齢やで大変。ちなみに、英語の文法にもこだわります。そういったわけで、トマトと日本人風に発音する彼女にも、フィルは、「もちろん君はそういう(風に発音する)人だよ」と答えていますね。

キ:I just want to live like a human being again.
  I want to take a shower.
  I want to water my garden.
  I want our kids to have fresh fruits and vegetables.
フ:Our kids?!
  Yes. Carol, I am definitely not having kids with you.
キ:Fine, I want fresh fruits and vegetables.
  Don't you want that?
フ:I honestly don't care.
キ:Suit yourself.
フ:Whoa...
キ:Mmm.
フ:What is that?
キ:Oh.
  This to-mah-to?
フ:Carol, just say "tomato."
キ:Phil, some people say "to-mah-to."
  I'm one of those people.
フ:Of course you are.

(The Last Man on Earth シーズン1 エピソード2)