読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマの中の英語

英語話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

似ていて間違いやすい英単語

似ていていざ使うときにどっちがどっちかわからなくなる表現って結構ありますね。発音なんかも同じで大混乱なのを紹介。

pitfall v.s. loophole

pitfallは落とし穴から転じて潜在的な危険の意なのに対し、loopholeは法律の抜け穴。tax havenなんて後者そのものですね。どっちも穴なので使い分けがしづらい感じ。security holeはpitfallなので更にこんがります。ただ、自信満々に言えば、相手も気が付かないんじゃないかなーと思います。

corrupt v.s. collapse

前者が堕落するのに対し、後者は落ちる・崩壊するからワケワカメ。被ってるやんといつも思います。都合の悪いことに政治腐敗から崩壊に発展できるのでどうにでもなれ、rとlの発音さえ気をつければいいんじゃないかなーと思います。

intimate v.s. intimidate

前者が親密なのに対し、後者は脅す、って正反対やん。まあ別の同じ意味を持つ表現使えばいいんじゃないかなーと思います。

partiality v.s. equality

partialが曲者で全く正反対の意味になる単語。しかも、impartialとinequalまであって混乱に拍車をかける。equalが結局わかりやすいんじゃないかなーと思います。

ほんとはもっとあったはずなのに、ノートにあるのはこの4例のみ。あれ? あまり多くない??