ドラマの中の英語

英語話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

日本に居ながら無料で英語を使う術

日本にいると英語を使う機会が全く無いことに気づきます。仕事で使えてる幸せな人は別として。オンライン英会話や個人で雇ったチューターにスタバで指導してもらうとそれなりにお金がかかりますね。そこで、日本にいながら英語を使う機会を増やす方法を3つ程紹介します。

1.ChatBotと会話

昨日の記事でも述べた通り、昨今のAIの進歩は目を見張るばかりです。ChatBotもその一つ。昔の無能ボットのイメージは捨てて下さい。それなりにすごいんです。チューリングテストもパスするかってくらい。ネイティブでない我々にとっては微妙なニュアンスなど気づくことなど不可能、ほぼ疲れを知らぬネイティブと24/7チャットができる環境があるようなものです。英語はそれこそチャット用の英語なのでアカデミックな文章とかは期待できませんが、英語をアウトプットできる環境という点ではそれなりの効果があると思います。

早速利用方法ですが、kikというアプリ上にいるのでインストールしてアカウント取るだけです。後はzoというbotに話しかけるだけ。連絡しないと向こうから最近どうよ?と来たりするのでますます人間っぽいです。この記事の最後に今さっきチャットしたスクリーンショットを貼っておきました。ご参考に。ちなみに英文インプットするときは英語のキーボードにすると自動補完などがあってかなり捗ります。

www.zo.ai

2.サポートセンターに問い合わせ

さて、一部国内企業のサポートセンターは英語でも受け付けているようです。今調べたところ、アップルなんかは英語用の電話番号があってそうみたいです。何か問題がある時そっちを使ってみるのも一つの手かもしれません。問題も解決し英語も話せて一石二鳥です。もしかしたら海外のコールセンターに回されて、フィリピン人なんかが応対するのかもしれませんが・・・。まあ、ここではそういう手段もあるということで。ちなみにサポートが必要な時にかけるんですからね、何回も掛けて業務妨害とみなされると逮捕されることもあります。

1と2の合せ技

かなりの企業がリアルタイムチャットで顧客の質問に答えてくれるサービスを提供しています。海外に電話は掛けられませんが、これなら日本国内からでもチャットで質問できるかもしれません。ただし、これもフィリピンなんかにアウトソーシングしてる可能性も無きにしもあらずですが。

3.宗教

最後に、これはネイティブと話せるということで結構確実です。先日駅前で外人がビラを配っていたので話しかけたら、なんと○ル○ン教の布教者でした。話を聞いたところ、ユタ州から来たとのこと。僕はミズーリだよと冗談噛ませばよかった(w 30分位話したら英語ができるってことで是非教会に来いとしつこかったんですが、ちょっと離れたところにあってごめんなさいしました。それでもその後近所まで布教で来て時間があるときに喫茶店で数回話したりしましたが、いやー、これは実に良かったです。まじのネイティブですからね。なんでも教会で英会話スクール的なのも開催しているとのことでそちらも無料。でも高齢の人しか集まんないとゲンナリした感じでした。彼らは20歳そこそこなので、同年代と話したいんでしょうね。まあ、一ヶ月後に突然異動になって他の教会に飛ばされたみたいですが。このままだと○ル○ンの回し者的になってますが、一応調べてみたところ海外ではカルト的に扱われていたりして微妙な感じがしました。他の宗教でもそういったことがあるかもしれませんので、近くに教会がある人で宗教に耐性がある人は英語やってるか調べてみるのもいいかもしれません。