ドラマの中の英語

英語話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

ドラマの中で日本語?!

皆さんは海外ドラマ・映画で日本語・日本文化が出てくるとどう思いますか? 自分はどうも恥ずかしいのです。現実に引き戻されるというかcheesyなステレオタイプでも全くもって観てられない。日本関係で一番出てくる話題は寿司ですが、ヘルシーとか妊婦に悪いとかいうのもお決まり。でも観たくない。というわけで、ドラマに出てきた日本語です。

sensei/先生

武道経由で取り込まれた感じでしょうか。師匠とかの意で日本語の先生のようには幅広く使われていない感じ。 The Office(US)の次の場面は空手を習い始めたDwightが同僚を道場へ連れて行ったところ。先輩も出てきます。

“Yes, l just had a question… Yes, Sensei.”

“No, that was my sensei.”

“Oh, l thought it was your mom.”

“l am now Sempai, which is Assistant Sensei.”

The Office(US)/Season no: 2/Episode no: 6

kimono/着物

Gilmore Girlsのシーンは、アジアに行けないローリーにアジア気分を満喫させるべく、家をアジア一色にするローレライ。これなんか全く観てられませんでした。原宿とか出てきて恥ずかしすぎる。

“Hello, honorable Rory-San.”

“You’ve made Asia for me?”

“Mm-hmm. Here’s your kimono, honorable Rory-San.”

“Thank you. You made crazy Asia.”

Gilmore Girls/Season no: 7/Episode no: 2

harakiri/腹切り

Parks and Recreationでは、ペンギンの同性婚を役所として公認してしまったレズリー・ノープは職を辞するよう圧力を掛けられます。

“We think that she should separate the penguins, annul the marriage, reimburse the taxpayers for the cost of the wedding, of course, and then resign.”

“Oh! Is that it?”

“That would do it.”

“Anything else? You want me to jump off a building? Perform hara-kiri? Move to a different town?”

Parks and Recreation/Season no: 2/Episode no: 1

ここで面白いのが偶然にも日本語の”腹を切る”に責任を取るという意味があることです。

kamikaze/神風

Person of Interestでは命知らずに特攻する感じで使われています。これは日本語の意味とほぼそのままでしょうか。それにしてもオタクとともに要塞に特攻する図は何かおかしみがありますね。

“but seriously, are you about to kamikaze into a Decima fortress with a bunch of nerds?”

Person of Interest/Season no: 3/Episode no: 23