ドラマの中の英語

英語話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

rain cats and dogsって本当に使われてるの?

イディオムの教科書に必ず載ってそうなこの雨が激しく降る表現。しかし、IELTS Energy Podcastの数ヶ月前の回に「rain cats and dogsなんて今時誰も使ってないから使うな」というアドバイスがありました。本当に使われていないのかどうか、使用者の年齢と共にドラマのセリフでチェックしてみましょう。

2 Broke Girlsのソフィー(45歳くらいの設定?)

ソフィーのおなじみの登場シーンから。ポーランド移民の彼女はイディオムをraining cats and goatsと間違えてしまいます。

“Hey, everybody! Oh! Brr! It’s raining cats and goats out there.”

“Don’t you mean ”cats and dogs“?”

“Oh, it’s so nice to be corrected as you walk in the door.”

2 Broke Girls/Season no: 4/Episode no: 10

The Office(US)のフィリス(50歳くらいの設定?)

雨の日のフィリスは12の決まり文句があるとの証言はジム。それ12個全部知りたいんですけどw ちなみにフィリスは太ったメガネかけてる女性です。

“It is raining cats and dogs out there. Holy moly.”

“Phyllis says the same 12 cliches every time it rains. So… I promised everyone that if she says them all by noon today, I will send out for hot chocolates.”

The Office(US)/Season no: 8/Episode no: 21

youtubeにこのシーンがありました。

www.youtube.com

まとめ

結局この2シーンしか見つかりませんでした。使われないことはないようですが、若者が使う表現ではなさそうですね。IELTS Energy Podcastのアドバイスもまんざらでもない感じ。皆さん自身がまだまだ若者という自覚なら、避けたほうが良さげです。