ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

how dare you?はどのくらいdareなのか

ドラマを観てるとよくhow dare you?という表現にぶつかります。意味は”よくもやってくれたな”とか”何考えてるんだ”ということですが、それ以上の感情・憤りが込められていることが多い気がします。ここではドラマの実例から、どのくらいの感情のほとばしりがあるのか見てみます。

Breaking Badから

場面は全ての悪事が露呈したウォルターが我が娘を誘拐して逃亡したところ。妻のスカイラーに電話を掛け、感情を爆発させます。盗聴されていることを承知で自分だけに罪を着せるため迫真の演技です。妻にbitch言うてはります(笑) 最初は意図が飲み込めないけどなんとなく分かってきたスカイは、I’m sorry.と言うのが精一杯です。

“You’re always whining and complaining about how I make my money, just dragging me down, while I do everything. And now – Now you tell my son what I do, after I’ve told you and told you to keep your damn mouth shut. You stupid bitch. How dare you?

“I’m sorry.”

Breaking Bad/Season 5/Episode 14

Better Call Saulから

金を横領したケトルマン夫妻の隠してあった横領金をマイクを使って盗み出すジミー。翌日ケトルマン家に訪れ、お金を盗んだことを匂わせます。大慌ての夫妻は金が失くなってること知り、ジミーに詰め寄ります。旦那を尻にひく奥さんが"How dare you"です。

“I… I can see how upset you are, and, even on a good day, you and logic are… [whistles] But think about what you just said. Criminals have no recourse. And you two… you’re criminals, big-time.”

How dare you?

Better Call Saul/Season 1/Episode 7

Gilmore Girls

結婚式が間近で仕事も手に付かないスージーに結婚式の招待状ができたとローレライが知らせます。早速チェックすると名前がSusie St. Jamesになっていました。激怒するスージーにローレライが担当者を電話で呼び出し、スージーにヒステリックになるなとアドバイスをして受話器を渡しますが・・・最初の一声は"How dare you"でした(笑)

“Listen to me. I have experience dealing with people who screwed something up. You have a better chance if you don’t get all hysterical.”

“Okay. Okay. How dare you do this to me? You’re ruining my wedding. It’s the most important day of my life. It’s my life, not ‘Susie St. James. ’ Are you listening to me?”

Gilmore Girls/Season 2/Episode 18

まとめ

演技とは言え妻へのstupid bitchからのhow dare you、数億円が盗まれてのhow dare you、結婚式の招待状の名前が間違えられてのhow dare youと3パターン見ましたが、どれも相当の憤りが秘められているのが分かります。