ドラマの中の英語

The name of the game is communication

X and O

XOと聞けば中華調味料のXO醤を思い出す人がほとんどでしょう。あるいはマルバツゲームかな。でも英語でXOはまた違った意味があります。メールや手紙の中で、X=キス、O=ハグの意味で使われます。Xは昔からあって、XXXでチュッチュッチュッになる感じ。Oがその後できたみたいですね。腕で輪っかを作ってハグしてるように見えるそうです。いずれにせよ、親しい友人の間で使われる感じですね。早速ドラマのシーンを通して確認していきます。

The Office(U.S.)

上司のジャンと寝てしまったマイケル。ひょんなことから、そのことを書いた日記が参考資料として晒されるハメに(最悪・・・)。それにしても、おっさんがXOXOはキツイっす(笑)Dear Diary形式の日記も。Irieはジャマイカの方言で最高という意味らしいです。

"Oh, Diary, what a week. I had sex with my boss. I don't know if it's going to go anywhere. Jan was very specific that this is not going anywhere, that it was a onetime mistake. But we had sex six times, so you tell me. I am definitely feeling very eerie."

"Irie."

"Irie. Sorry."

"More tomorrow. XOXO, Michael."

The Office(US)/Season 4/Episode 12

Mentalist

メンタリストからはチョウとリグズビーの会話。ヴァンペルトに未だ未練があるリグズビーにチョウは他の女性を見つけろとアドバイス。その通りと意欲に燃え出したリグズビーは、メール上のXOで終わる関係とはおさらば、リアルのハグとキスを手に入れる決意です。ここで、Bullpenは野球のブルペンでなく、一夜限りの関係みたいな意味だそうです。slangなので辞書に載ってない・・・

"Find a woman."

"Yeah, you know what? You're right. I will. It's what I have to do. Bullpen. Not even an XO at the end."

Mentalist/Season 5/Episode 15

The Big Bang Theory

女性陣からキスしたことはある?と聞かれたシェルドン。正直に家族のみと答えます。少し考えて、人工呼吸で尼さんを救った話をし始めます。救った尼さんからは毎年クリスマスにXとOが沢山のカードが届くそうです。これも、XOの意味がわからないとチンプンカンプンですね。

"Other than my mother, my sister and my meemaw, no. But in the interest of full disclosure, I was once on a bus and gave mouth-to-mouth resuscitation to an elderly nun who passed out from heat exhaustion. Yeah, every year I get a Christmas card from her signed with too many X's and O's."

The Big Bang Theory/Season 4/Episode 21

今日はここまで。XOXO