ドラマの中の英語

The name of the game is communication

Wilhelm Scream

まず、何も考えずに次のYoutube動画を観て下さい。映画の一部シーンの寄せ集めですが、途中で”あること”に気付くと思います。

www.youtube.com

アッーー

そうです。甲高い男の悲鳴が耳に残ること間違い無し。なんでこんなにも沢山の映画でこの同じ悲鳴が使われているのか。

Wilhelm scream - Wikipedia

英語版Wikipediaに詳しく載ってました。日本語記事も(簡略版ではあるものの)あるので、分からない所があればそっちも参考にできますね。こんな感じでWikipediaは英語学習のお供に有力でしかも無料のマテリアルなんですが、問題は面白い記事をどうやって見つけるかです。日本語版Wikipediaにも日本住血吸虫なんかのように面白い記事があったりしますが、自分で見つけるのは時間がいくらあっても足りないですね。まあ、ググって他人のおすすめを参考にするのがいいと思います。自分も面白い記事があったら本blogで紹介します。黒板に爪立てる音の記事(Chalkboard_scraping)も面白かった。なんで人類はこの音が苦手なのか、研究対象になっているんだとか。scrapeがキィーと音を立てるという意味なのも分かります。

Chalkboard scraping - Wikipedia