ドラマの中の英語

The name of the game is communication

me three

1人目に賛同して2人目が「私も」と言う時にme tooとよく言いますが、twoをtooに引っ掛けて3人目がふざけてme threeと言う場面が、GLOWというドラマで現れました。このドラマは80年代をフューチャーしてるので、この表現が古い言い方か普遍的なのかちょっと分かりません。そこで他の番組でも使われているかどうか調べてみました。

GLOW

GLOWはちょっと前にシーズン1が始まったNetflixのオリジナルドラマ。素人の女性たちがプロレスをする80年台ノスタルジックな作品。その中のロッカーシーンから。「タンポン誰か持ってる?」と尋ねたStaceにタンポンを渡すと次から次に欲しい人が現れます。

"Stace. Here."

"Thank you."

"Welcome."

"Can I have one too?"

"Oh, yeah, sure."

" Me three."

"Okay-dokey, here we go."

GLOW/Season 1/Episode 8

Glee

Gleeのシーンはいじめについて。ある一人が学校の帰り道にいじめっ子に狙われて怖いと告白すると、一緒に帰ってくれる子が4人も現れます。me fourまで頂きました。

"I got home before they caught up to me, but I was so scared."

"I'm walking you home from now on."

"Yeah. Me, too."

"Me, three."

"Me, four."

Glee/Season 4/Episode 16

The Office(U.S.)

DwightがPamをバーベキューに誘います。それを横で聞いていたJimが僕もと言いますが、有能な従業員のみとあっけなく断られます。ここではme tooがなくてもme threeしてます。

"Pam, pack up your postnatal swimwear, make it a one-piece, or this offer is rescinded, and join me for a fantastic barbecue, one week from today, in Tallahassee, where I'm going to be living for the next three weeks."

"Really? I'll fly anywhere for some good barbecue."

"Me three."

"No plus-ones. This is for competent workers only."

The Office(U.S.)/Season 8/Episode 14

まとめ

The OfficeのJimやGleeの高校生が使っているくらいだから、me three, me four...は普通にありの表現っぽいです。 ちなみに日本語訳を個人的に考えてみたら、「私も〜」「僕も〜」「拙者も〜」「麻呂も〜」になったんだけど、どうかな?