ドラマの中の英語

The name of the game is communication

真実を話すことを誓いますか?【法廷ドラマ】

法廷ドラマ(に限らず法廷シーンが出てくるもの)を見ているとお決まりのセリフが繰り返し出てきます。今日はその中でも、証人が真実を述べることを誓わされるシーンを見ます。ドラマ間で何か違いはあるのでしょうか?

Better Call Saul

ベタコーからはジミーの弁護士資格剥奪にチャックが証人台に立ち、裁判の係から真実のみ話すことを誓わされます。ここで、nothing butは”〜だけ”と言う意味でonlyですね。それにしてもtruthの3連ちゃんはくどい気が・・・。

Please raise your right hand. Do you swear or affirm to tell the truth, the whole truth, and nothing but the truth?

Better Call Saul/Season 3/Episode 5

The Wire

The Wireの冒頭の法廷シーンでは証人に検察が裏切られます。こちらはpromiseを動詞として使っていますね。それにしても法廷で神に誓わされるのは、さすがに信心深いというか。

Do you promise to tell the truth, the whole truth and nothing but the truth, so help you God?

The Wire/Season 1/Episode 1

American Crime

American Crimeでは麻薬売人が証言台に立ちます。こちらは格式ある感じがsolemnlyとかshallに表れています。

You do solemnly swear that the testimony you are about to give in the matter now pending before this court shall be the truth, the whole truth, and nothing but the truth, so help you God?

American Crime/Season 1/Episode 9

まとめ

the truth, the whole truth and nothing but the truthが共通部分でした。三回繰り返して偽証はするなと念押しです。なお、回答は"I do."が多いようです。これで皆さんもアメリカの法廷で証言台に立つときは安心ですね。