ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

oxymoron / 矛盾語法

oxymoronは矛盾語法という言語学の用語(永遠の一瞬等の矛盾した表現)だけど、語源の観点で見ると面白い英単語。oxyは鋭いの意でmoronは鈍いの意(から転じて馬鹿の意味で有名)なのでoxymoronという単語自体oxymoronなわけ。似たようなoxymoronな英単語にはpreposterousがある。こちらも語源で見てみると、pre(前)でpost(後)であるので不合理というわけ。脱線はここまでで、さっそくドラマでどういう表現がoxymoronか見てみましょう。

Gilmore Girls

驚いたことにこのoxymoronという単語、Gilmore Girlsでのみヒット。TBBTなんかでもありそうなのに。あるいはBBのウォルターなんかも指摘しそう。 最初のシーンはルークのダイナーの壁の色を変えてしまうローレライ。もう一つ変えたいところはカーテンでした。それも男らしいカーテン。さすがにカーテンは男の領域ではなさそうということでルークもoxymoronと指摘します。

Lorelai: "Can I make one more suggestion?"

Luke: "Nope."

Lorelai: "Curtains."

Luke: "No."

Lorelai: "Manly curtains."

Luke: "Oxymoron."

Gilmore Girls/Season 1/Episode 15

次のシーンは結婚をすっぽかし車で逃げ出すローレライ。お気に入りの曲を持ってくるのを忘れます。ラジオはChristian rockがかかるばかり。確かに、Christianityと rockの精神は矛盾する感じですね(笑)

Lorelai: "The radio's only playing Top 40 and Christian rock. 'Christian rock. ' There's an oxymoron. I need my tunes!"

Gilmore Girls/Season 2/Episode 4