ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

preposterous / 不合理な

前回ちょこっと触れたので、preposterousもどんな感じで使われているかみてみよう。ちょっと長ったらしい単語だけど、pre+postなので覚えるのも使うのも非常に簡単。相手の議論や論理、アイデアが合理的でない馬鹿げている時に使える。

Prison Break

シーズン5が期待したほどでなかったプリズンブレイクシーズン1からは、お兄さんの死刑執行直前に新たな証拠が裁判官の家に投げ込まれます。検察とお兄さんの恋人ビクトリアが裁判官に呼ばれてどうするか話し合います。検察は死刑反対派か弁護側のでっち上げと主張しますが、ビクトリアは馬鹿じゃないのと一蹴し、死刑執行延期を要求します。

検察: "So, as far as we know, these documents could be a hoax From some anti-Death penalty advocate, Or, dare I say it, defense counsel."

ビクトリア: "Oh, please. You're preposterous."

Prison Break/Season 1/Episode 15

The Big Bang Theory

私は誰でしょうクイズを仲間内でやってるとラジがピカピカのシェルドン?から正解を導きます。これにシェルドンは納得いきません。preposterousはTBBTで頻繁に使われる単語ですね。シェルドンのお気に入り。

ラジ: "Are you a droid?"

レナード :"Yes."

ラジ: "Do you kind of look like a shiny Sheldon?"

レナード: "Yes."

ラジ: "C-3P0."

レナード: "You got it."

シェルドン: "That's preposterous. I do not resemble C-3P0."

The Big Bang Theory/Season 2/Episode 21