ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

anal / 神経質(綺麗好き)な

はい、肛門ですね。でも、神経質なという意味もある単語です。辞書によれば由来は幼児期のトイレの躾からとか。発音は/éɪnl/で敢えてカタカナで書けば、エインルです。日本語のそれから遠くて安心しました。それでは使われ方を見ていきます。

Friends

フレンズからはモニカとフィービーの会話。髪を切って欲しいと頼むモニカにNoとつれない返事のフィービー。理由はanalだから。モニカがあなたは違うというと、フィービーはモニカの感情を傷つけたくなかったと正直になります。なるほど、フレンズのモニカがsuper-analでしたね。

モニカ: "You gave the guys great haircuts. I thought you'd like to do mine."

フィーブ: "No."

モニカ: "Why not?"

フィーブ: " I'm just... I'm incredibly anal and an unbelievable control freak."

モニカ: "No, you're not."

フィーブ: "I know I'm not, but you are. I was trying to spare your feelings."

Friends/Season 2/Episode 1

Lost

黒人の子に服を几帳面に畳む理由を聞かれ、シャノンは神経質だからと答えます。島流し状態なのだから服を畳む必要はないはずですけど、昔からの習慣なのでしょうね。

Walt: "Why are you folding clothes?"

Shannon: "Because l'm anal."

Lost/Season 1/Episode 23

Gilmore Girls

ローレライの家で靴がきれいに整列されているのを見たルークは理由を尋ねます。ポール・アンカがやった。彼はanalとローレライは言います。Paul Ankaは犬ですね、歌手の名前から取ってます。

ルーク: "Hey, what are all your shoes doing down here?"

ローレライ: "Oh, well, talk to Paul Anka. He's one by one marched every pair of my shoes downstairs, and I have no idea why. Lined them up perfectly, too- left, right, left, right. He's very anal when he misbehaves."

Gilmore Girls/Season 6/Episode 8

まとめ

今回紹介した3場面では普通にanalと言っていますが、声を潜めてanalというパターンも見受けられました。これは意味が意味だからでしょうかね。発音は日本語のものから遠いので慣れてないと聞き取ることすら難しいです。フレンズを見たことある人なら、モニカがanalの典型例と覚えればいいですね。ちなみに、今回どれも”きれい好き”方向に神経質という意味になってますね。analのニュアンスとは真逆ですが(笑) 多分探偵モンクもanalだと思います。