ドラマの中の英語

The name of the game is communication

2017年度第2回英検準1級を解いてみた

さて英検準1ですが、満点はさすがに逃しました。リーディング1ミス、リスニング2ミス。でも、頑張れば満点行けそうな感じです。

リーディング1はボキャブラリーに結構難しいのもあって驚いた。問5はplagueしか相応しいのが無いが、コンピュータに使えるのかなと解いてる時は疑問に思った。まあ、ウィルスって一般的に言うから、病気に例えるのはありなのか。あと、adaptationが知ってないと難しいと思った。順応から脚色を類推するのは少し遠い感じです。renditionなんかと同じ。句動詞が全部分かってリーディング1が満点の確信があったので、すわ、リーディング全問正解かと期待したんですが・・・。最終問題問41でミスった。選択肢2か4で迷ったんですけど、選択肢4はless usefulというのが記事の中の新しい遺跡発見の興奮と相反している気がしたので、2を選択。でも、読み返すと記事ではlikelihoodとしか述べてないので、選択肢2は強すぎる意見ですね。

リスニング1は事前に選択肢を見る方法で簡単。リスニング2は問24を間違った。この質問が2問あるパターンの設問が結構大変。だって忘れるから(笑) なので、模擬テスト中は聞きながら1問目を解答し、その後即リスニングに全集中、2問目は聞き終わった後解答するパターンで行きました。問24に戻ると、質問文のriskyが聞こえなかったので、最後に言って頭に残っていた4に食いついてしまった。 問26は消去法で選択肢1,4消し。2の次3という手順だったので2を選択しましたが、あなたが最初やるべきこと、という条件があって2は勝手にやってくれることなので不正解でした。

さあ、次は英検1級。リアルで受かってから一年経ったので、何かしらの実力向上が見られるのかどうか。海外ドラマ視聴の成果に注目です。

セクション 正答数/問題数
R1 25/25
R2 6/6
R3 9/10
L1 12/12
L2 11/12
L3 4/5

www.eiken.or.jp