ドラマの中の英語

The name of the game is communication

Homelandシーズン4途中まで

前回Homelandの紹介記事を書いたけど、いやいや面白すぎて視聴が止まんないね、これ。海外ドラマ界のハッピーターンと命名したい。んで、適当にシェイクスピアとか言ってみたけど、ホームランドはぜんぜん違った。船戸与一だ。早く逝ってしまった直木賞家船戸与一の最新作を読んでいるかのような錯覚を起こした。脚本でちょっと疑問符が付くところはあるけれど、今のところ90点のレベルを維持している。ちなみに疑問符は轢逃げと妊娠と絞首刑がそれ。まあ、妊娠はシーズン増やすためのギミックだな。そうそう、点数と言えばIMDbは作品の評価の他に、各エピソードごとにも評価できる仕組みだ。それでシーズン4を俯瞰してみると、最終話12話がスゴイ点数になっている。平均8以上、シーズンのクライマックス数エピソードは9以上を叩き出すHomelandにしては驚きの★5.6。スゴイ期待してしまうんだけど(笑) というわけで週末中に見終わりたいですね。

www.imdb.com