ドラマの中の英語

The name of the game is communication

近さを表す英語表現 stone's throw, neck of the woods

近いことを英語で表現するにはnear, close、名詞だとproximityなんかですが、ドラマではそれ以外の色々な表現がちょくちょく出てきます。そこでドラマで出てきた近さを表す英語表現を紹介します。

stone's throw / 目と鼻の先

これは意味がつかみやすい表現。石を投げて届く距離ということ。つまり、近いわけですね。stone's castでも可です。

Prison Breakからは、マイケルとチャールズの会話。兄の脱獄を目指し銀行強盗で意図的に捕まったマイケルは、刑務所でチャールズと彼がD.B. Cooper.と名乗って犯したと思われる事件について話し合ます。マイケルはチャールズがハイジャックして手に入れた大金を隠し持ってると確信しており、事前に調べた内容から論理的にチャールズを問い詰めます。ここで、飛行場から近いことをstone's throwで表しています。ちなみに、D.B. Cooperは実在の伝説のハイジャック犯ですね。唯一民間ハイジャックを成功させた人物で、飛行機からパラシュートで逃げたという、アメリカでは信奉者までいるくらいの人物。

So the question is, Why would Charles Westmoreland be in Arizona boosting a car Ten states away from where he lived, And only ten miles away from the Mexican border? And why, two days before that, Would someone make a phone call to his wife from a motel in Portland, A stone's throw away from the airport, Out of which, shortly after, Flight 305 was hijacked by one D.B. Cooper.

Prison Break/Season 1/Episode 8

neck of the woods / 界隈

これは全くわけわかめな表現。森の首??でも界隈を表すそうです。界隈だからその近辺・近所ということ。 ビッグバン★セオリーでは、エイミーが大学の食堂に居るところをレナードが見つけます。うちらの界隈で何しているの?と聞くと、狂牛病の病原菌を持ってきたと言って、食事中のテーブルの上に出します。シェルドン以外みんなドン引きです。

レナード: "Hey, Amy, what brings you to our neck of the woods?"

エイミー: "Your Neurology Department loaned me a culture of prions for my research on bovine spongiform encephalopathy."

シェルドン: "She popped by to borrow a cup of mad cow disease."

The Big Bang Theory/Season 5/Episode 8