ドラマの中の英語

The name of the game is communication

The coast is clear. / 邪魔者はいない、今がチャンスだ

The coast is clear.は軍隊かなんかの用語で、敵地に上陸する時に海岸に敵が誰もいない状態を指すみたいです。つまり、やるなら今がチャンスということ。早速海外ドラマでの使われ方を見ていきましょう。

Breaking Badのジェシー

殺したと思ったKrazy-8が生きていることがわかり、地下室に閉じ込めたウォルターとジェシー。地下からうめき声が聞こえますが、ウォルターは大丈夫とジェシーを安心させます。しかし、ジェシーはもし自分だったら、打ちのめされた振りをして邪魔者がいなくなったら武器になるものを探しに上がってくると不安になります。このイディオムはジェシーですら知ってる表現であることが分かります。ちなみに仮定法がif it was me と were でなく was ですね。

Yeah, but what... What if he's faking it? You know, like, if it was me, I'd be all faking being knocked out, yo. And then, when the coast is clear, I'd be up looking for weapons and shit. Ready to pounce.

Breaking Bad/Season 1/Episode 2

Parks and Recreationのレズリー

トムとアンは職場の同僚にバレないように付き合い始めて数週間。アンはレズリーをトムのマンションに招待します。その理由は、トムのマンションのゴージャスさを見せたかったから。上から下まで黒一色の出で立ちで現れたレズリーは邪魔者は居ないか?とアンに聞きます。ここではトムのことですね。

レズリー: "Is the coast clear?"

アン: "What are you wearing?"

レズリー: "My sneak-around clothes. Is he gone?"

アン: "Yeah, he's gone. Come in."

Parks and Recreation/Season 4/Episode 19

Gilmore Girlsのローリー

マックスとの結婚に怖気づいたローレライは娘のローリーと共に目的なく車の旅に出ます。日が暮れ田舎の旅館に一泊した二人は、その田舎の人達の好奇心の目に耐えられず部屋にこもりっきり。翌朝ローリーがお腹が空いた、今がチャンスかな?というと、ローレライはスケジュール表を取り出します。朝食の時間がちょうど終わって次の地元歴史話まで15分で、今がチャンスです。

ローリー: "I have got to eat. You think the coast is clear downstairs?"

ローレライ: "Let's check the schedule. 'Early morning nature walk: 7:30, regional history talk: 8:15... ' We're in luck. Breakfast just ended."

Gilmore Girls/Season 2/Episode 4

まとめ

theが付かないパターンもありましたが、9割は付いてる印象。今回紹介したどの例でも特定の人々に見つかりたくないと言う状況ですね。