ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

2017年のベスト記事

今年書いた記事で最もヒットしたのを紹介します。

ベスト1

insane.hatenablog.com

堂々の1位は What's wrong with you? でした。これはグーグルさんの検索で「 What's wrong with you? 」で検索すると、上位に表示されるようになったおかげでしょうね。ドラマの場面を使って説明したのも分かりやすかったのかもしれない。一番最後に恩着せがましく「ほら、海外ドラマっていいでしょ」を醸し出そうとしています。

スト2

insane.hatenablog.com

Youtubeの自動で付く字幕の精度について調査した記事。みんな関心があるんだなあ。一応別のビデオで比較した続編も書きました。

Youtube自動生成字幕の精度2 - ドラマの中の英語

ベスト3

insane.hatenablog.com

純粋な疑問「 First of all の次は?」を真面目に調べた記事。ここでは既に字幕DBが構築済みだったので、調査は簡単でした。First of all 気になってたの私だけじゃなかったのね。

ベスト4

insane.hatenablog.com

この秋NHKで始まった This Is Us ですが、どうも曰く付きの動詞" Nagasaki "経由で訪れた人が多かったようですね。”お前を長崎するぞ”は”お前を蝋人形にしてやろうか”並の怖さです。日本語じゃなく、英語で視聴してる人も多かったのでしょうか。

ベスト5

insane.hatenablog.com

このブログでは面白いPodcastも度々紹介してますが、意外や意外、Disney Story Central Podcastの記事が人気を集めました。全く内容が無いので申し訳ない感じ。しかも、この記事投稿してすぐ更新を止めてしまったという・・・。今でも最新エピソードは4月のTangledのままです(笑)

まとめ

色々あった2017も数日を残すところ。このブログにとっては今年が大転換の年で、見やすいようにCSSを設定したり、ローカルに字幕DBを構築してからは、各種調査が簡単になりました。8月あたりに、海外ドラマで英語学習が最も効率的と確信してからは、それを世間に広めるべく拍車をかけて記事化に邁進し、そのおかげで、opensubtitlesで個人的にやっていた字幕翻訳はお留守になってしまいました。まあ、すでにopensubtitlesからは完全におさらばしたんですけど。来年ももっと面白い海外ドラマ・コメディを見て、もっと面白い記事を書きたいですね。

ちなみに、2015年に書いた The Big Bang Theory の記事も未だに人気あるんですが、昨今のTBBTの凋落ぶりを見ると本当に申し訳ない気分です。。。

英語学習教材としてのThe Big Bang Theory - ドラマの中の英語