ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

The Good Placeの罵り言葉の婉曲変換

The Good Place - ドラマの中の英語

コメディThe Good Placeの舞台は天国なこともあって、罵り言葉は全て口に出した瞬間別の似た音の単語に換わってしまうという法則があります。ここでは、実際番組内で話された変換後の言葉から、変換前を推測してみたいと思います。全部分かれば罵り言葉マスターです。こういうのがあるから、海外番組は英語字幕で見たほうが絶対いいんですよね。

fork

What the fork? Who are you?

はい、fuckですね。「なんだ?! あんた誰だ?」と言う感じ。実際forkで辞書をひくと、fuckの婉曲語、となっていました(笑) ちなみに、ネトフリの日本語だとこのシーンは「何なの?一体何者?」でした。

shirt

Holy shirt.

はい、shitですね。聖なるシャツです。でもこれはこれで良い感じがします。以前調べたHolyに追加したいくらいです。

ドラマの中のHoly - ドラマの中の英語

bench

I'm gonna prove to you and to everyone that she is secretly a two-faced, calculating, phony bench.

ここで、sheはタハーニのこと。すごい言い様ですね。benchはbitchと言いたかったんですけど、これだと、裏表のある、計算高い、偽物の長椅子です。

ash

I was an ash-hole to everyone at the party.

これはassですね。でもashだと灰の穴になってしまいます。

dang

Dang it.

damnですね。ちくしょうと言う時の決まり文句。このdangも辞書によれば元からdamnの婉曲表現になってました。

理解度テスト

最後にテストです。ここまで来た皆さんなら、下記は簡単に分かるはずです。

Holy motherforking shirtballs.

これをネタにしたプロモビデオがありましたので、貼っておきます。お、字幕自動生成機能でもmotherforkerは分かってないようですね(笑)

www.youtube.com