ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

ドラマの中の"A is to B what C is to D."構文

受験シーズン、受験英語ということで、何故か昔習った記憶が全く無いA is to B what C is to Dの構文が海外ドラマの中で使われているか調べてみました。この構文の意味は「AとBの関係はCとDの関係と同じ」。数学のA : B = C : Dです。この長ったらしい言い方、しかも会話ダイアログで実際使われるもんなのでしょうか? 早速見ていきたいと思います。関係ないですが、これってクジラ構文みたいな名前ついてないんですかね? 数学に、A+B=Cに関連した問題でABC予想というのがあるので、同じノリでABCD構文はどうでしょうか?

Alan is to Jeff what Rob Lowe is to James Spader in 1990's Bad Influence.

Community/Season 2/Episode 2

アランとジェフの関係は、1990 Bad influenceの中のロブ・ロウとジェームス・スペイダーの関係と同じ。映画知らないから、全くわからない例えですね(笑)


Butterscotch is to Canadian women what chocolate is to American women.

How I Met Your Mother/Season 5/Episode 3

バタースコッチとカナダ女性の関係は、チョコレートとアメリカ女性の関係と同じ。これはなんとなくわかりやすい。

まとめ

はい、これだけ。受験生の皆さんには大変残念なお知らせですが、たった2件しかヒットしませんでした(笑) 自分が見た番組全6,000エピソードの中で使われてるのがたった2箇所です。こんな構文覚えるより、もっと重要な英語表現が世の中にはゴマンとあるんですけど、本当にこんな使われないの出題されるんでしょうか? あの悪名高いrain cats and dogsよりも少ないです。まあ、ライティング専用の構文ということにしておきましょう。ちなみに、A is to B as C is to Dは全く無しでした。

rain cats and dogsって本当に使われてるの? - ドラマの中の英語

以前、字幕DBの中でたった1件しかヒットしない英語表現を探したことがありましたが、A is to B what C is to Dならニアピン賞取れてましたね。もっと早く気付いておけばよかった。受験英語の数十年前から代々伝わっている感じのカビ臭い表現は結構穴場かもしれません。