ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

Enough! / もうたくさん!、いい加減にしろ!

enoughは「十分な」の意味ですが、否定的に「もう十分だ!」と使われることがよくあります。それが表題のenoughです。同様の表現にEnough is enough.という言い方もありますね。「たくさんと言ったらたくさん」と言う意味です。大統領選でサンダース陣営のモットーになってた記憶があります。それでは、海外ドラマでこのenoughがどう使われているのか、何が「もう十分」なのか見ていきます。

Breaking Badでは不良息子の言い訳

心を入れ替えて実家に戻ったジェシーですが、家の中でまたドラッグが見つかってしまいます。もう何度目なんだというジェシー両親。過去助けるたびに裏切られてきたことが窺えますね。「もうたくさん」と母親が言うと、父親は「出ていきなさい」と、静かですが揺るぎのない口調で述べます。あー、犯人はジェシーでないのに・・・

ジェシー母:"And you play on our emotions and you tell us anything and everything you think we wanna hear, just so we'll give you another chance. Mm-hm. And it makes us feel like fools. Every time. Enough, Jesse. Enough. We are not going to have this in our house."

ジェシー父:"We need you to leave."

Breaking Bad/Season 1/Episode 4

Friendsでは調子に乗った演技

職場レストランでのモニカの役職はコック長ですが、部下達からなめられまくっています。そこで一計を案じ、ジョーイを見習いで雇ったフリをし、冷酷にクビにすることで皆に恐怖心を植え付けようとします。次は首にした後のシーンから。首になった(フリをした)ジョーイは、「ゲラーさんに歯向かう前に家族のことを思い出し我慢すれば良かった」と後悔するふりをします。モニカが小声で「ありがとう」と言うと、俳優魂に火が付き調子に乗ったジョーイは「これじゃ今年のクリスマスはデニーズで予算カツカツのクリスマスだ」と更にぶっ込んできます。それにはさすがのモニカも「enough!」です。

ジョーイ: "I should have thought about my wife and kids before I talked back to Chef Geller."

モニカ: "Thanks."

ジョーイ: "It will be a lean Christmas at the Dragon house this year."

モニカ: "Enough!"

Friends/Season 4/Episode 10

Game of Thronesでは誘惑

ジョン・スノーがバージンと知ったイグリットは誘惑をしてきます。ジョンはenoughと断りますが、エスカレートするイグリット。最後は、歯は付いてないわよ、とまで言う始末。ジョンは剣を構えることになります。もしかしたら、Wildlingのには歯が付いているという噂があるんですかね? ちなみにイグリットの三単現がおかしいですね。これも、英語もできないWildlingというイメージを出したいんでしょう。

イグリット: "l'll keep you warm enough. Are you that afraid of it?"

ジョン: "That's enough."

イグリット: "It's nice and wet and warm."

ジョン: "Enough!"

イグリット: "lt don't haνe teeth."

Game of Thrones/Season 2/Episode 7

まとめ

小言をグチグチ長時間言ったり、調子に乗り続けてる人がいたら、是非ともEnough!と言ってあげましょう。もう分かったからそこまでにしとけ、という感じです。

関係ないですが、満ち足りた生活をしていても次第に「飽々」、「うんざり」、「もうたくさん」、「お腹いっぱい」となってしまうのは人間の性なのでしょうか。現状満足せずに、新しいものを常に求めるようDNA上にプログラムされているのかもしれません。はい、明らかにサピエンス脳になってます。