ドラマの中の英語

The name of the game is communication

failing that / それがダメなら

failing thatは直前に述べたことが失敗した場合を述べる時に使われる分詞構文です。failに失敗すると言う意味がありますから、なんとなく分かる感じです。早速ドラマでの使われ方を見ていきます。

The Big Bang Theory

シェルドンとレナードが共同で論文を書きますが、ネット上で匿名の奴らに批評されます。レナードが止めるのを振り切って、シェルドンはそのサイトに書き込みをする決意をします。科学者同士なら分かってくれるはずと淡い期待です。しかしそれがダメだったら、彼らのお母ちゃんの悪口を書くとします。お前の母ちゃんデベソレベルですね(笑) ちなみにここで興味深いのは、suggestと提案なのにhis mother enjoysと三単現のsが付いていますよね。原形不定詞どこ行ったんだと思うんですが、こういう会話で文法をとやかくいうのは野暮なんでしょう。でもシェルドンならその辺厳しそうですけど。

シェルドン: Look, I am simply going to defend our work, scientist to scientist. And failing that, suggest that his mother enjoys a string of both human and non-human lovers.

The Big Bang Theory/Season 8/Episode 14

Breaking Bad

有名なハエ回ですね(笑) メス作りラボの中にハエが紛れ込んでウォルターは殺そうと駆け回ります。殺せなかったら、自分たちの死に繋がると必死です。

ウォルター: This fly is a major problem for us. It will ruin our batch. And we need to destroy it and every trace of it so we can cook. Failing that... we're dead.

Breaking Bad/Season 3/Episode 10

まとめ

failing thatは分詞構文で、直前に言ったことがうまく行かなかった時のことを述べるのに使われました。字幕DBで調べると10回程度しか使われていませんが、こんなのもあるということで、たまにはいいかな。こんなのでもA is to B what C is to Bの5倍の出現率。