ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

Archer

Archerは秘密工作員Archerの活躍を面白おかしく描くコメディアニメ。009のアニメ版と思ってもらえれば良いと思う。実際、オープニングもあちらを意識してる感じ。ISISという危ない名前の民間の工作機関組織を運営するArcherの母親と一癖も二癖もある同僚たち、そして二枚目Archerが主な登場人物だ。毎回色々な依頼が舞い込み、Archer達が解決していくのが基本路線。ストーリー自体は既視感のあるものばかりで(多分有名作品なんかのパロディ)、飲み込むのはそれほど難しくないと思う。 当然ライバル工作機関があったり、ロシアKGBも出てきたりして依頼解決を一層困難なものにする。Archerはそれほどすごい工作員に映らないんだけど、結構いい加減だし、でもなんだかんだで最終的になんとかしてしまう。同僚の一人で元恋人のダイナマイトバディLanaが助けるパターンも結構あるかな。Archer自身は母親との関係が特殊で、母親の性生活の話になると吐く性質を持つ。マザコンってわけじゃないけど、何か変。父親は一応不明になっている。アニメは所々にちょっとハードなお色気ネタがあるので、そこは要注意。一応おっぱいなどは、カメラの関係でうまく隠れるようになっている。でも、股間にちょうど花瓶が重なっていてTV的にギリギリセーフという感じなので、ドギツさは際立つんだけど。ISIS組織内の人間模様も面白い。全ての従業員が工作員というわけでなく、人事がいたりR&Dもいたり、コンピュータ担当も当然居る。そんな彼らはサラリーマンなので、アーチャー達が現場で絶体絶命の危機で、電話でヘリでの援護を要求してても、ストライキをしてシュプレヒコール上げてたりする。リストラの危機だったり、他工作機関との合併だったり、そんなどこにでもあるオフィス模様も同時に描かれる。 絵柄はこれぞアメコミな感じで好き嫌いが別れるかな。あと動きが少ないのでそこも要注意。鷹の爪がもうちょっと動くようになった感じだ。英語はそんなに難しくない感じ。ジョークはくだらない系。Fワードなんかはピー音になるっぽい。個人的にArcherの声が気に入ってる。IMDbでは★8.7とすごい高評価だけど、自分は★7くらい。そこまではオススメしないけど、たまには英語でアニメが見たいとなったら選択肢の一つかな。個人的には神アニメRick and Mortyの方を強く勧めるけどね。

www.imdb.com