ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

close one(call) / ギリギリセーフ、危機一髪

close one, close callがよく使われるパターンは、危険な状況をギリギリ脱した主人公が、安全になった後ポツリとつぶやくシチュエーション。「今のは危ないところだった・・・」。生命の危険なんかが多いので、その場合は「危うく死ぬところだった」と訳していいかもしれません。ドラゴンボールで例えれば、フリーザの「さすがの俺も今のは死ぬかと思った。このフリーザ様が死にかけたんだぞ」の箇所で使うのがピッタシ(←ホントか?)。それでは、海外番組の中から、close one(call)が使われるシーンをピックアップして、使われ方と、どのくらいギリギリだったかを見ていきたいと思います。

The Big Bang Theory

二人の細胞を使って脳細胞生成の実験をしたシェルドンとエイミー。結果が良かったことから、シェルドンは二人の子供が欲しくなります。エイミーは拒否しますが、なんとかエイミーを性的に刺激しようと色々画策し、最後にシェルドンはフラメンコを踊る最終手段にでます。「お願いだからやめて、馬鹿げてる」と言って部屋を出るエイミーですが、部屋の外で「今のは危なかった」=「欲情する寸前だった」です。相当なギリギリ度ですね。

シェルドン: Amy, I didn't want it to come to this. But you have left me no choice but to employ the most passionate, seductive dance known to man. The flamenco.

エイミー: For God's sake, you're ridiculous. That was a close one.

The Big Bang Theory/Season 10/Episode 8

Friends

元妻のエミリーから留守電があったロスは、連絡を取ろうと思いますが、レイチェルから猛烈に反対されます。危うく元の関係に戻るところだったと、今日は「危機一髪」の日とジョークを飛ばします。このジョークには、このシーンの前に銃弾で狙撃される危機一髪があったのも掛かってますし、callが電話にも掛かっていますね。

ロス: I do want to seize some opportunity... ...but I really don't want to see or talk to her.

レイチェル: Well, there you go!

ロス: Yeah, maybe today's just "close call" day. Hey, thanks, Rach.

Friends/Season 5/Episode 20

↓4:00あたりから

youtu.be

Archer

スパイ物アニメのArcherからは、朝一緒に会社に向かうシェリルとパムのシーン。二人は会社目前で誘拐犯に襲われます。シェリルは、自分が狙われていると察知すると機転を利かし、同僚のパムを「シェリル」と呼ぶことで、危機を脱します。訳がわからないパムは、誘拐犯のバンに拉致られるところを「シェリル助けて」と叫び続けますが、シェリルは「自分の名前を叫び続けてるわね」とあくまでも他人のフリ。パムが連れ去られると、「今のは危なかったわね」と一言。ひどすぎます(笑) 実は、シェリルは良いところのお嬢さんなのでした。ギリギリ度はこれが至高でしょう。歩いてたらいきなりバン横付けされ拉致られそうなのを逃げたんですから。

誘拐犯: Come on, the boss is waiting. We don't need her.

シェリル: Because I'm just her stupid friend.

パム: What?

シェリル: She's who you want. She's...

パム: Cheryl!

シェリル: Yes, just keep shouting your own name!

パム: What are you talking about?

シェリル: I'll pray for you, Cheryl.

パム: Goddamn it, I'm not Che...

シェリル: That was a close one.

Archer/Season 2/Episode 10

まとめ

close one(call)は「ギリギリセーフ」の意味で、非常に危ないところまで行ったけど何とか危機を脱した時に使われる表現です。身の危険にも、危うく誘惑されるところだったときにも使われています。That was a close one.が頻繁に使われるパターン。調べたところ、close one, close callの使われる割合はほとんど同じでした。似た表現のnarrow escapeはほとんど使われていませんでした。まあ、身の危険は勘弁して欲しいですが、ダイエット中に誘惑に駆られてお菓子を食べる寸前まで行った時に使うならOKです。