ドラマの中の英語

The name of the game is communication

in someone's defense / ○○を擁護すると

議論をしてると自分と同じ主張の誰かを擁護したくなる時があります。その時には、このin someone's defenseで話を始めると、聞いてる方も○○の擁護をこれからするのだな、とわかりやすいです。当然のことながら、someoneには自分を入れてOK。ということは、スピーキングの試験で、試験官に自分の主張について何か突っ込まれた時などに、これは使えます。それでは、実際のドラマのシーンから、誰のどんなことを擁護しているかみていきましょう。

Friendsでは自分自身の擁護

Friendsでは夫婦には秘密はなしということで暴露し合う回。自分の秘密をチャンドラーに暴露されたロスは、チャンドラーの秘密を暴露し返します。それは、バーで男にキスしたことでした。チャンドラーは自分を擁護して、暗かったし可愛かったと言いますが・・・(笑)

モニカ: You kissed a guy? Oh, my God!

チャンドラー: In my defense, it was dark and he was a very pretty guy.

Friends/Season 7/Episode 4

Friendsからはまたまた自分達の擁護

全く同じ回から。秘密暴露合戦はついにはモニカまで巻き込んでエスカレートしていきます。モニカは自分で作った宝石箱をお皿にしてマカロニを食べたこと、チャンドラーは掃除のオバちゃんとエッチしたことをバラされてしまいます。最後に、それぞれを擁護して、秘密はやっぱあったほうが良いという方向になります。

モニカ: You know, in my defense... ...there was no glitter on the macaroni and very little glue.

チャンドラー: And in my defense, the cleaning lady came on to me.

Friends/Season 7/Episode 4

The Big Bang Theoryではシェルドンの擁護

レナードと一緒に実験を始めたプロトン教授は、シェルドンの嫌がらせに辟易します。レナードは親友のシェルドンをかばうと、プロトン教授は犬みたいだと一言。レナードは実際噛まれたことがあるとしてから、シェルドンを擁護して、食べてる最中に後ろから近づいたからとします。

レナード: he's not doing it on purpose. It's just how he is. But he's also loyal and trustworthy and we have fun together...

プロトン教授: You... you know you're describing a dog.

レナード: He did bite me once. But in his defense, I came up behind him while he was eating, so...

The Big Bang Theory/Season 7/Episode 7

まとめ

in someone's defenseは誰かを擁護する時に最初に述べる常套句です。海外ドラマではこれでもかと使われます。実際、Friendsのこの回から2箇所も出てきたくらいです。スピーキングのテストでは、自分の意見を擁護する時はもちろん、少し譲歩するときなんかに使えるんではと思います。確かに死刑制度擁護派の意見は一理あるが、試験反対派の擁護をすると・・・等々。