ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

so be it / それならそれでよい、好きにすれば

so be itは「それならそれでよい」という意味と辞書には載ってますが、渋々承諾してるのか、投げやりになっているのか、文字からだけだとちょっと分かりませんね。ということで、この表現が使われるドラマのシーンを詳しく見ることで、どんな感情がこの表現の背後にあるのか確認したいと思います。

Breaking Badから

まだシーズン始まったばかりで髪フサフサのウォルターと妻スカイラーの会話から。夫のウォルターに癌が見つかったスカイラーは、著名な医者に診てもらうことにします。その料金が5,000ドルと聞いて、しかも初期費用だけということで、安月給の高校教師のウォルターは何でそんなに高いのか、全部話してくれとスカイラーに頼みます。スカイラーは、自分たちが加入してる保険は適用されないことを伝えて、so be itです。つまり、たとえ高価でもそれならそれで良い、というポジティブな感情ですね。夫の病気が治ってほしい妻の本心です。直後に、 we'll figure it outとあるように、後で良いアイデアを考えましょうと会話を〆ます。この頃は夫婦仲はまだ普通だったんですねー。

ウォルター: Five thousand? Jesus. What's that, just to start? I mean, just to tell me what I already know?

スカイラー: Walt, he's not in our HMO, okay? So be it, we'll figure it out.

Breaking Bad/Season 1/Episode 4

Glee

Gleeクラブを潰したいチアリーダー部のスーは、Gleeクラブ前顧問のサンディに白羽の矢を立てます。彼は学校を解雇されたのですが、スーの力で学校に呼び戻し、学校の芸術関係全般の責任者になります。つまり、Gleeクラブにも力を及ぼせる存在。最初にやった嫌がらせが、Gleeクラブ所属生徒の引き抜き。当然のことながら、対立するGleeクラブ現顧問のウィルとサンディ。サンディの最後通牒が次のセリフです。「フェアプレーをしてあげてたんだけど、君は敵対が好きみたいだね、ウィル。それならそれで良いだろう。」最後に「クックック」と高笑いを付ければ典型的な悪役ですね(笑) 悪役が「私に歯向かうつもりか。それならそれでよいだろう。こてんぱんにしてやるわ」と言う時の「それならそれでよい」のニュアンスが、この例のso be itです。どうせ自分の方が力が上だから簡単にやっつけられるしー、と見くびって、主人公に逆にやられるのが王道です。

サンディ: I tried to play nice with you, William. But clearly, you prefer to be adversaries. So be it.

Glee/Season 1/Episode 4

Game of Thronesから

久々のGame of Thronesのセリフからは、ネッド・スタークの子供アリアとそのペットのダイアーウルフが、王子ジョフリーを襲った後の場面から。双方の子供に罰を与えることで決着かと思われましたが、王妃のサーセイはダイアーウルフの処分を忘れてると付け加えます。逃げたと聞いた王様は「so be it」とそれなら仕方ないと捨てておこうとしますが、王妃はスターク家には別のダイアーウルフが居ると示唆します・・・。この場面は発言者が王様だけに「捨てておけい」というのがピッタシの訳ですね。それにしても、サーセイはこの頃から抜け目がないです。

サーセイ: And what of the direwolf? What of the beast that savaged your son?

ロバート王: I'd forgot the damned wolf.

家臣: We found no trace of the direwolf, your Grace.

ロバート王: No? So be it.

サーセイ: We have another wolf.

Game of Thrones/Season 1/Episode 2

まとめ

so be itは事実を受け入れていることはそうですが、裏の感情は様々ですね。でも100%喜々として受け入れている感じではないです。今回紹介した例だと、GleeとGoTではあまり結果に関心がない状況で使われています。Breaking Badでは、高額な50万円は受け入れるべき代償と言う感じです。今回紹介した以外の例だと、次のような状況でso be itが使われます。主人公の考える作戦Aとライバルが考える作戦Bがあって、ボスが作戦Bを選択したとします。そこで「so be it.」と主人公は言って、作戦Aを自分一人で実行に移します・・・。勝手にやってれば、というニュアンスでしょうか。この表現so be itは、自分が見たドラマ6,000件中100件程ヒットしたので、そこそこ使われる感じです。