ドラマの中の英語

英語を話せるように日々勉強ならぬ視聴の日々

ladies and germs = ladies and gentlemen

ladies and germs - Wiktionary

ladies and germsはladies and gentlemenを面白おかしく言ってるだけの表現。男どもをgerm=ばい菌に例えているのが面白い。でも、結構辛辣な響きもする感じなので、実際のドラマのシーンで使用例を確認したいと思います。下手にリアルで使って、場内シーンとなったら洒落になりませんからね。

This Is Usから

ケイトの歌声を世に出さないのは社会の損失とばかり、老人センターで一曲歌わせるトビーです。その始めにladies and germsを使って司会ををスタートしています。聴衆の一人は親戚ですが、それ以外は皆年配の老人だらけ。そんな状況下で使っているので、そこまで悪く取られる表現ではなさそうですね。

トビー: All right. Uh, good afternoon, ladies and germs. Uh, my name is Toby.

This Is Us/Season 1/Episode 3

Gothamから

Gothamでは小児科病院のための寄付を募る大きなパーティーが催されます。各界のハイソなメンバーが集まります。その出し物の一つがマジック。明らかに怪しいマジシャンが挨拶をladies and germsでします。そして最後の大トリマジックが人体切断。会場からボランティアを募り、案の定ブルースが選ばれてしまうのでした。

マジシャン: Ha! Greetings, ladies and germs! I am indeed the Great Rodolfo. Please ogle my lovely assistant.

Gotham/Season 2/Episode 3

まとめ

他のシーンも見てみましたが、別に使っても問題はなさそうですね。英語で司会する機会(?)があるようでしたら使ってみるのも悪くはないかも。まあ、ladies and gentlemenが無難ですけどね。