ドラマの中の英語

The name of the game is communication

Cobra Kai

いつものように IMDbのレートをチェックしていたら急遽出現したこの作品Cobra Kai(コブラ会)は、現時点で★9.2とべら棒な高さ。 映画カラテ・キッドの34年後を描いた作品だ。Youtubeでエピソード1,2が無料公開になっているので見てみると、これがなかなか面白い。自分はカラテ・キッドを見たことは全く無いけれど、所々にオリジナルの映画シーンが挟まるので、どういう過去だったかはだいたい把握できる。いじめられっ子が日本人の先生から空手を習って、卑劣な技で足を負傷しながらも、トーナメントで片足立ちで邪悪なコブラ会を倒すという王道ストーリーだ。しかし、この後日譚Cobra Kaiでは、元悪役側が主人公に回る展開。カラテ・キッドにやられる悪夢を見てるジョニーの寝起きシーンから物語は始まる。この男は空手ともおさらばしているようで、その日暮らしのうだつの上がらない生活。その一方、カラテ・キッドだったダニエルは、カーディーラーを営んでいる町では著名なビジネスマンだ。しかし、あることがキッカケで二人の道は再び交差するのだが・・・。

Youtubeで公開なので、視聴者のコメントがダイレクトに見られるのが興味深い。彼らのコメントは、カラテ・キッドに思い入れがかなりあるためか、ものすごく熱い。読むだけでジュッと音がするくらい熱気ムンムン。それでIMDbのスコアが異常に高いのか、と納得した。落ち着けば下がってくると思う。筋自体は、80年台BGMが流れる中、このジョニーが空手の先生になり、その門をいじめられっ子が叩き修行するという本家のカラテ・キッドの攻守を逆転したパターンのようだが、ダニエル側が空手をやる雰囲気ではないので、Cobra Kaiが誰と対峙していくのかも今後気になる点だ。一応、フラッシュバックでダニエルが娘に空手を教えるシーンがあったので、この娘が凄腕なのかもしれない。

Youtubeということで、エピソード3以降が1話300円と結構な金額取られるのが痛い。シーズン1は10話構成なので、全部(残り8話)見るには2,400円か。そう思うと、ネトフリなんかの格安さが改めて感じられる。エピソード1の視聴回数が今のところ2600万回なので、それ以降のエピソードの視聴回数が個人的に知りたいな(公式非表示)。自分と同じ躊躇する人多めなんだろうか。それとも、ノスタルジーに後押しされ、払っちゃう人多数なのか。いずれにせよ、カラテ・キッドに思い入れあるなら視聴してはいかがでしょうか。日本語字幕ももちろん付いている。 これからは、ネトフリやアマゾン、Hulu以外にYoutubeも注目しないと。

(追記) 海外にはYouTube Premiumというものがあり、ネトフリ同様定額制になってるらしい。日本は未対応ということで、なんでなんだ・・・

www.imdb.com

www.youtube.com