ドラマの中の英語

The name of the game is communication

over my dead body / 俺の目の黒いうちはさせない、やりたきゃ俺を倒してからにしな

over my dead bodyは文字通り訳せば「俺の死体を乗り越える」、つまり、「やりたきゃ俺を殺していけ」、つまり、「俺は死んででもそれを阻止する」という相手がこれからやろうとすることを絶対実現させない決意表明的に使われます。使われ方は、未来形で、

It will happen over my dead body.

と、俺の死体を超えてそれが起こる、もあるし、単に

Over my dead body.

もよく見かけますね。それでは海外ドラマでの使われ方を確認してみます。

Friendsから

ジョーイは役者としてオーディションで男性とキスしなくてはなりません。モニカは男性とキスの練習をした方がいいと示唆。手近に居る男性ということで、ロスを見つめるジョーイ。当然ロスは、over my dead bodyです。死んでもキスの練習なんてやるか、といったところ。

モニカ: Joey, you know, maybe your just not used to kissing men, maybe you just tensed up a little, maybe that's what you need to work on.

ジョーイ: Yeah, that makes sense.

ロス: Over my dead body!

Friends/Season 2/Episode 24

Gothamから

バットマンの前日譚Gothamから。ウェインの屋敷に侵入者が現れ、ブルース・ウェインに会わせろと要求。執事のアルフレッドは、over my dead bodyと拒否します。侵入者も、As you wish.(お望みとあらば死体にしてやる)と、これまた悪役らしいセリフで応答。ちょっと死亡フラグですね。

侵入者: You, you will show me to the boy.

ルフレッド: Over my dead body.

侵入者: As you wish.

Gotham/Season 2/Episode 20

Parks and Recreationから

ポーニー市で美人コンテストを開催します。審査員の一人として名を連ねたレズリーは、出場者の中の一人の知的な女性に惚れ込みます。しかし、他の審査員は頭は軽いけど美人のトリッシュになびいてしまう状況。レズリーは、えこひいき(partial)はしたくないけれどと前置きした上で、私の目が黒いうちはトリッシュに優勝させないと決意表明です。さてうまくいくのでしょうか? ここで、pageantはショーとかコンテストなどの参加者多数のイベントの意。

レズリー: I'm a judge, so I don't want to sound partial. But Trish will win this pageant over my dead body.

Parks and Recreation/Season 2/Episode 3

まとめ

今回紹介した例のように、Over my dead body.と言うだけで「そんなことは絶対させない」と言うことができるこの表現。ただGothamの例のように、本当にdead bodyにさせられてしまう危険もありそう。ということで、強盗とかには言わない方が良さげですね。アルフレッドくらい強いなら別ですが。でも、死体にされない状況、例えば、会社の一事業部門や海外支店がこちらの意向を無視し勝手に何かやろうとしているなら、over my dead bodyと言って抵抗の意思を表明してもOKでしょう。