ドラマの中の英語

The name of the game is communication

high road / 正道、正々堂々

high roadは幹線道路の意味があるようですが、海外ドラマでは決まって「正道」の意味で使われます。「take the high road」とすれば、卑怯なことはせず正々堂々立ち向かう、自分の名を汚すようなことはしない、ということ。騎士道とか武士道とかジェントルマンに通ずるかも。いずれにせよ、ドラマで使われるパターンは、敵対する相手が卑怯なことをしてきた時。報復のため、こちらも敵と同レベルの汚い行為を行おうとする周囲を抑え、主人公が言います:「そんな事やったら敵と同じじゃないか! こちらはhigh roadを行く」。はい、カッコいいですね(笑) ということで、海外ドラマの使用場面を抜粋してみます。

Friendsから

レイチェルがバーで知り合った男からのデートの留守電を、ロスは消去します。ロスはレイチェルと元の関係に戻りたい様子。しかしその行為は正道とは言えませんね。チャンドラーはhigh roadと皮肉です。

ロス: A month ago, she gave her number to some guy in a bar.

チャンドラー: Did she go out with him?

ロス: No. When he called l threw the message away.

チャンドラー: The high road.

Friends/Season 9/Episode 13

Rick and Mortyから

米国大統領の命令を無視し、マインクラフトに勤しむリックとモーティー。その様子をスパイ衛星で見つけた大統領は激おこで電話をかけてきます。モーティーは、こっちも悪いけどスパイ衛星で監視するのもどうなのよ?と反論。大統領は、Don't high-road me.とhigh roadを動詞として使って一喝。「正道で行け」と言うな、といったところ。文法上、動詞があるべき場所になんか単語があれば、それが動詞として勝手に機能する英語マジックです。日本語の「○○る」と同様かな。ちなみにこの大統領は黒人なので、次のシーズンではトランプ的なのが出てきそう。

モーティー: Okay, obviously, this looks bad, Mr. President. I mean, what doesn't look bad through an illegal spy satellite?

米国大統領: Don't high-road me.

Rick and Morty/Season 3/Episode 10

Prison Breakから

大金が隠された場所を知るティーバッグを拉致るマイケルとリンカーン兄弟。ティーバッグはtake the high roadと言ってから、協力すると申し出ますが・・・。

リンカーン: Tell us where the money is.

ティーバッグ: Now, Iet's not dissolve into threats, all right? I'm gonna take the high road here. Suggest a mutually beneficial arrangement. I have the information. You have the manual requirements... necessary to unearth Westmoreland's buried booty.

Prison Break/Season 2/Episode 5

まとめ

今回紹介したhigh roadは、正々堂々、どこに出しても恥ずかしくない行動の意味でした。ちなみに、low roadはあるかと調べたらなさそうです。以前紹介した dirty pool / 汚いやり方、卑怯な行動 - ドラマの中の英語 や、dirty trick, low blowが反意語なんでしょうか。いずれにせよ、いつでもhigh roadで行きたいものです。