ドラマの中の英語

The name of the game is communication

shocker / 衝撃的なこと

shockerってカタカナで書くとショッカーなので、ギーと叫びながら世界征服を企む悪の一員的な感じがしますが(笑)、英語にそんな意味は全然なく、普通にショックをもたらす物の意味で使われます。ただ辞書を見ると、受け入れられないというニュアンスがあるようですね。その辺も踏まえつつ、海外ドラマでの使われ方を見てみます。 

Breaking Badから

大学時代からの友人グレチェンが訪ねてきた場面。妻のスカイラーは、夫ウォルターが髪を剃っていることを、少しshockerと言ってます。確かに、視聴者的には坊主頭は見慣れてしまったので普通ですけど、初見だとびっくりですね。ここの、 Look at you. / 見違えたね。 - ドラマの中の英語 も抑えておきたい表現。

スカイラー: Look who's here.

ウォルター: Gretchen. Hi.

グレチェン: Always nice to see you.

ウォルター: What a nice surprise.

グレチェン: Look at you. You're looking good.

スカイラー: Though a bald head is a bit of a shocker.

Breaking Bad/Season 2/Episode 6

Gilmore Girlsから

パリスはローレライのホテル会場を借りますが、その高圧的態度にホテル従業員一同辟易し、みんな見えないところに隠れてしまいます。次のシーンは、パリスが帰った後、従業員一同が姿を現したところ。ローレライは娘の親友パリスを擁護しますが、ミシェルはまるで東京ローズだと言ってから、 shockerとパリスを形容。ここでは、ローレライが言った「パリスは友だちが少ない」ことに驚いてるわけじゃないですね。そんなことは百も承知。こんな嫌な奴が世の中に居るんだという驚き。ちなみに、東京ローズは第2次大戦中、連合軍向けプロパガンダラジオの女性アナウンサーのこと。つまり、パリスの言うことは全部プロパガンダというニュアンス。

ローレライ: She has a tough exterior, but in the inside, Paris is...

ミシェル: Tokyo Rose.

ローレライ: She's lonely. She does not have a lot of friends.

ミシェル: No! Shocker!

Gilmore Girls/Season 6/Episode 3

Suitsから

ルイスは、ハーバード・ロー・スクールに勤務している彼女から、同僚のマイクがハーバードを卒業した痕跡がないことを知らされます。彼女のきめ細かい性格上間違うことはあり得ないので、マイクを疑い出すルイス。秘書のダナに相談すると、成績証明書を照会すればいいとアドバイスを受け、照会して、成績証明書が届いた後の会話が次のシーン。ダナ(マイク派。マイクの経歴詐称を既に知ってる)は、マイクはハーバード行ってたんだ、これは衝撃、と白々しく大げさに驚きをshockerで表現。What a shocker. もよく使われるフレーズです。

ダナ: Mike Ross went to Harvard. What a shocker.

ルイス: You were right. I never should have doubted it.

Suits/Season 3/Episode 11

まとめ

今回のshocker は、衝撃的なことを意味しました。一言「shocker」と言えば驚きを簡単に表せます。また、ギルモア・ガールズのパリスのように、そこから転じて嫌なヤツも表すみたいですね。ギルモア・ガールズ知ってる人は、Paris=shocker と覚えれば忘れないはずw。重ね重ね残念なのは、仮面ライダーのショッカーの皆さんが、全然ショッカーじゃないこと。もうちょっとショッカーらしく振る舞ってくれたら良かったのに。完璧な名前負けです(笑) 

似た表現に bummer / がっかり、残念、散々 - ドラマの中の英語 というのも。驚き=shocker、残念=bummerという使い分けです。